投入堂へのマインドフルネスな道のり

調べれば調べるほど、投入れ堂までの道の厳しさが浮き彫りに。登ろうかどうしようか、そもそも登れるのか。

迷っていましたが、「大丈夫、登れるわよ!」という声に背中を押されてTRYしてみることにしました。

スポンサーリンク

受付で靴底チェック

三徳山に到着し、参詣者受付案内所へ。ここで「靴の裏を見せてください」と靴チェックがあります。

「いいですよ~。また上でもチェックありますからね」と言われてとりあえずクリアしました。

ここで拝観志納金を大人ひとり400円納めます。これは、三佛寺本堂までの金額。ここから、例の修験道を上って投入堂に行く場合は、本堂にある登山参拝受付事務所でさらに400円を納めます。

登山参拝受付事務所までは急な石段が続き、しかもツルツルにすり減っているので注意しながら登ります。ここですでにゼイゼイ。

登山参拝受付事務所で再度靴チェック。OKが出ました。

周りの人を見ていると、大体はスニーカーでOKが出ているようでしたが、靴底があまりにツルツルだとNGの様子。

草鞋履いてみたい気持ちもちょっぴりありましたが、履きなれた靴はやっぱり安心です。

「滑りやすいので注意してくださいね」といわれました。

そういや前日は雨だったよね・・・。

否が応でもマインドフルネスになる道中

足元に注意しながらいよいよ修行です。

いきなり網の目のような木の根が前方に表れました。

根っこがうねっている場所は、私には垂直にしか思えません。

f:id:mappi88:20180507204235j:plain

この根っこを前にしたら、「次はどこに手をかけてどこに足を置くか」以外のことが頭の中に入り込む余地はゼロ。超マインドフルネスになれる「かずら坂」。

その先も、くさり坂、馬ノ背、牛ノ瀬と、マインドフルネスになれるポイントが次々やってくる・・・。

その合間に、文殊堂、地蔵堂というお堂があり、縁側でちょっとひとやすみすることもできるのですが、この縁側、手すりや柵が一切ありません。

崖の上に建てられているので、縁側を歩くと宙に浮いている感じ。

f:id:mappi88:20180507203237j:plain

景色をゆっくり眺めようという気持ちは、結構な強さで吹き付ける風に飛ばされていきます。やっぱりここもマインドフルネス。今、ここにいること以外感じないようにしなければ、怖くて怖くて仕方がない。

そしていくつかのお堂を通過し、山肌に沿ったカーブを滑らないよう注意しながら曲がったら、目の前に突然現れる投入堂。夢中で登っていたからか、途中で「まだかな~」と思う暇もありませんでした。

これぞ集中。これぞマインドフルネス。

スポンサーリンク

圧倒的な達成感

f:id:mappi88:20180507203904j:plain

あまりの断崖絶壁に声も出ない。

ここまでたどり着けた自分にも声も出ない。

下りは、尻もちをついたのをきっかけに、ヤバそうなところは滑り台だと割り切って、お尻で滑って降りてきました(だって滑るんだもの)。

おかげさまで、無事に下山することができました。

ズボンのお尻がこんなに泥だらけになったのは、子どもの時以来です。

f:id:mappi88:20180507205131j:plain

本当に頭が空っぽになります。

甘酒屋のマダムのお話のとおり、行ってよかった~!!