気づかない「自分」を知り、自分をもっと好きになるために占いを使う

「占い」と言っても、さまざまな占いがあります。

「12星座占い」「手相」「タロット」などは、誰もが聞いたことがありますよね。実際に占いを体験したことはなくても、ネットで今日の運勢を調べたり、テレビの12星座ランキングに耳を傾けたりしたことがある方は多いはず。

スポンサーリンク

占いにも種類があります

分類の一つが、「命(めい)、卜(ぼく)、相(そう)」の三種類。

「命」は、生年月日から占う方法。西洋占星術、四柱推命など。

「卜」は、偶然を利用する方法。タロット占い、易占など。

「相」は、見える形で占う方法。手相、人相など。

タロット占いは、「卜」で偶然に出たカードの意味を読み取っていくものです。

f:id:mappi88:20171229151926j:plain

偶然とはいえ、カードを展開していくと

「このカードが出るのもごもっとも」と、いつも納得します。

この不思議な感じが、私がタロットに惹かれる理由です。

カードが表すモノ

リーディングの時は、ご相談者も気づいていない気持ちを、カードを介して一緒に考えていくことが好き。

そんな私の好みが伝わるのか「自分でも、何が自分の本心がわからない」というご相談を受けることが多いです。

出たカードには、いろいろな絵柄があります。

パッとカードを見た瞬間、中心に描かれた人物を「私のことだ!」とご自身に重ね合わせる方。

あるいは、今気になっている人に重ね合わせる方。

カードの中の人物が、自分では気づいていなかったことを語りかけてくることも多いです。

 

先日、「彼のことが好きなのかどうか、自分でもよくわからない」というご相談を受けました。

リーディングの結果をお伝えしたところ、こんな感想をいただきました。

「客観的に見てもらわないと気づかない、意外な一面でした。

でも、それも私の一部なのですね。

ただ、すぐに納得はできないので、しばらくは自分の考える方向で進みます」

私は、この感想を伺ってとても嬉しくなりました。

スポンサーリンク

色々な声があることを認める。次に、どの声を選ぶかを自分で決める 

リーディングで言われたこともわかるけど、なんとなく腑に落ちない。

ただ同時に、「言われたことも、自分の一部」としっかり受け取められている。

複数の選択肢を眺めた上で、「私はこれで行きます」と自分で決定。

自分軸を、しっかり定められているんですね。

必要な情報は積極的に取りに行く。

でも、それに惑わされることはない。

占いと付き合う時のひとつのモデルケースだなと思いました。

私がリーディングした結果は、あくまでも「その人の一部」。

それがその人のすべてではありません。

そもそも人は多面的なもの。

全ての人が、数えきれないくらいの要素を内に秘めている。

普段、見せている面や、光が当たりやすい面が違うために、「人はそれぞれ違うもの」と思いがちですが、本質はきっと皆同じ。

だから、自分で選べるのです。

ありとあらゆる「私」の中から、この「私」で行く、ということを。

光を当てていく「私」を選べるのです。

その時に、「この私しかないからこれでいく」と選んだ「私」と、「こういう私も、あんな私もあるけれど、今は、これでいく」という思いから選んだ「私」とでは、選んだ「私」の厚みが異なります。

いざとなれば、別の「私」がたくさんあることを知っていると、余裕ができます。

ここが結構大事なところ。

たくさんの「私」を知っていると、「私」への興味が増していきます。

そのことが、「私」を豊かにしていきます。

「私」をどんどん好きになっていきます。

これが、最大のメリットです。

見えていない「私」の発見、これからもお手伝いしていきます!