自分に対して仮面をかぶり続けていませんか

提供者:Designecologist

「今の気持ちを言ってもよいですか・・・私、幸せです!!!」

こう高らかに宣言したあと、Tさんは「ああっ!言ってしまった」と顔を伏せました。

Tさんの突然の「幸せ宣言」。
これは、タロットリーディングの流れで「今の気持ちをそのまま言葉にしてみよう」というワークをしていたときのことでした。

ちなみにこの宣言の直前、Tさんにイセエビ10kgが届いた……わけではありません。特に何かをもらったり拾ったりすることもなく、淡々と一緒にワークをしていただけです。

スポンサーリンク

自分の気持ちに無頓着になっていませんか?

ワークの参考にしたのは『シンクロちゃん』という本の「いまの自分の気持ちに気づく」という章。

シンクロニシティを起こす第一歩は、「いま」自分が何を感じているのかを受け止めることなのです。

「いま」何を感じているのか。

何を考えたのか。

このことを「意識して言葉にすること」が大事です。

佐藤由美子『シンクロちゃん』フォレスト出版

「他人が、なにをどのようにとらえているか」については、私たちは必要以上の注意を払います。

しかし「自分が、なにをどのようにとらえているか」ということには無頓着です。
まるで、自分などいないかのようにスルーです。

他人のことを推測するのに手いっぱいで、自分のことに気持ちが向かないのですね。

しかも、それだけがんばって推測した他人の気持ちはたいてい外れているという……(笑)。

そのエネルギーを、自分に振り向けてあげましょう。

自分の気持ちを言葉にして自分の存在を認めよう

「今の気持ちをそのまま言葉にする」のは、「スルーしてきた自分の存在に気づいてあげる」ということでもあります。

ただ、「気持ちをそのまま言葉にする」ことは、簡単なようで一筋縄ではいきません。
「こんなことを考えてはいけない」「こんな感じ方をするなんてダメだ」と、いちいちチェックしてしまうのです。

おもしろいですよね。
誰かに発表するわけでもないのに。
「自分」に対しても身構えてしまうのです。

ですからたいていの場合は「悪い(とされている)感情や考え」には目をそむけ、よそ行きの感情や考えだけを拾い出します。
「私がそんなアクドイことを考えるなんて、あり得ません」と貴婦人のような仮面をかぶり続け、アクドイことはなかったことにしておく。

タロット

上の写真のカードは「ユング・タロット」のペルソナ ライト。本当の自分とは異なる「仮面」をつけている様子です。

スポンサーリンク


自分には、仮面を取った姿で向き合おう


社会生活を営む上で仮面をかぶるのは、人と人との摩擦で消耗しないための素晴らしい知恵。
でも、自分に対してまでかぶり続ける必要はないのです。

仮面を取り払って、内側の自分と「ホントの本音」をさらけ出せる関係を築く。
そして、必要に応じて外側に見せる仮面も使っていく。
内側の自分にも仮面をかぶり続けていては、仮面を取り外すタイミングがなくて息が詰まります。

今回のTさんの言葉は、仮面をとった本音発言。
それが「私、幸せです!」でした。

そうなのです。
Tさんは自分に対してずっと「不幸仮面」をかぶっていたのです。

それは「今は幸せではない。だから、今以上にがんばって、常に成長し続けないといけない」という信念によって製造されたものでした。

「これでよい、と認めてしまったら成長が止まる」「そんなことはいけない。成長し続けねば」という信念です。

グラフは右肩上がりでなければならない!というように。

提供者:Lukas

「成長」ってなんでしょう。

何かがプラスされるイメージが強いですが、手を引く分別を備えることも成長です。ひょっとして、それはマイナスのようにうつるかもしれません。

瞬間的にグラフが右肩下がりになるかもしれませんが、見た目に何かが足されることだけが「成長」ではないのです。

複雑に疲れたら、シンプルにしてみよう

Tさんが「私、幸せです!」と口走った瞬間、Tさんの手から信念がするりとこぼれ落ち、同時にかぶっていた仮面もぽろりと外れました。

下の写真、さっきの貴婦人の仮面が割れてます。

タロット

仮面をかぶっていたTさんにとっては「足りないところが埋まっていくことが幸せ」でした。
ですから、足りないところがないと困るのです。
幸い(?)足りないところなんていくらでも数え上げることができますから「次はこれ、次はこれ」とネタには事欠きません。常に「幸せ」を追い求めて走り続けることができてしまう。

「幸」のためには「不幸」が必要。
「解決したいから、わざわざ問題を作る」みたいな複雑な状況です。

面倒くさいですね。しかし……この複雑な状況に陥るのが人間というものなのですよね。

だから、ある程度複雑を満喫して、疲れてきたら仮面を外すタイミングです。仮面を外せばとってもシンプル。

幸せでいいじゃない?
認めちゃえばいいじゃない?
なにがあってもなくても。