もし私が文房具屋なら、〇〇座にはこれを勧める

notebook

もし私が文房具屋なら、〇〇座には勝手にこれを勧める!!

スポンサーリンク

おひつじ座「ロイヒトトゥルムの赤いノート」

おひつじ座の持ち味は「ストレートさ」。あれこれ考えすぎない切れ味を大切に。
スルドイひらめきは、ぱっと開いたノートのページにさっと書き留めよう。ひらめきは、どこで起こるかわからない。どのページもしっかりと開き切るつくりはマスト。「ロイヒトトゥルム」なら、ハードカバーでノート自体がしっかりした厚みがあるから、テーブルがなくても安定した書き心地。
「ロイヒトトゥルム」は迷ってしまうほどの豊富なカラーバリエーションでも有名だけれど、ここはもちろん、おひつじ座ならではのビビットな赤一択。


おうし座「天声人語 書き写しノート」

朝日新聞朝刊のコラム「天声人語」を書き写すための専用ノート。
およそ600字、無心になってただ書き写すだけの時間。語彙が増えるとか、小論文の練習になるなんてことは、はっきりいって二の次。ただ、ひと文字ひと文字に集中して「文字を手で書く」こと自体が、このうえない癒しになるはず。新聞が毎日来るからといって、必ずしも毎日やる必要はないんです。「週末だけ」「毎週水曜日」など自分だけのペースがつかめたら、おうし座は無敵。

スポンサーリンク

ふたご座「プラス メモ帳ミニ」

ふたご座独特の高感度なアンテナには、次々と情報が引っかかる。新鮮で楽しい情報は、ため込むのではなく誰かに知ってもらいたいし届けたい。だから、蓄積していくノートよりも、拡散していくメモが好き。ピリッと破って必要な人に「はい、どうぞ」。二つ以上のものを組み合わせることも大得意だから、簡単に順序を並び変えられるメモはアイディア磨きにうってつけ。表紙の色が気分で選べたりしたら、もう最高!

かに座「リラックマの3年日記」

親しい人への配慮は人一倍のかに座。3年日記なら、1年に1回しかないおつきあいもしっかり記録。「前回はどうしたっけ?」なんていうときも日記をめくれば解決。相手への変わらぬ気持ちを表す手助けにもなります。
ページを彩るリラックマが、かに座の根っこにある「あたたかな感情」を思い出させてくれるはず。いつからでも始められる3年日記で、あたたかさとともに1日を振り返るひとときを。

スポンサーリンク

しし座「フィレンツェ製のレターセット」

イタリア・フィレンツェのシグニュム社のレターセット。どっしりとしたしし座の安定感は、まさに「王者」ならでは。レターセットのゴージャスな柄をさらに引き立てるゴールドが、人々の中心に位置するしし座にふさわしい輝きを放っています。その輝きに引きつけられて自然に近寄ってしまう人たちに、愛情を込めたメッセージを伝えるのにぴったりなレターセット。

おとめ座「レイメイ藤井のミーティングボックス」

仕事だけでなく、生きていたら避けては通れない「あふれる書類の分類」。このタスクをこなすのに大きなアドバンテージがあるのが、おとめ座の観察眼の鋭さ。誰もが納得の分類方法を編み出し「その時だけ」にならない保管方法でリバウンドなしの整理をごく自然にやってのける。「レイメイ藤井の「ミーティングボックス」。型崩れしないしっかりした素材のボックスに整然と保管すれば、非の打ちどころのないスッキリ空間のできあがり。

スポンサーリンク

てんびん座「ライフのノーブルノート」

ノートの外観に奇をてらった印象はないけれど、実は紙・印刷・製本にこだわった「ノーブルノート」。使われている用紙は「書くこと」のために細かな指示を積み重ねて製造されたライフ株式会社のオリジナル。見た目の美しさだけでなく、本当の価値を認めて正しく評価できるてんびん座ならではのチョイス。ノーブルな雰囲気を漂わせつつも、決して浮かない表紙デザインも、他者と見事に調和できるてんびん座好み。

さそり座「鍵つき日記帳」

たとえば莫大な財産を補完するなら、家のタンスよりも貸金庫。無防備にさらけ出していては危険だし、なかったことにもできはしない。
「隠されたもの」の扱いに長けているさそり座。自分自身の隠したいものは、鍵付き日記帳にひそませよう。なかったことにするのではなく、安全性が確保された場所に丁寧に保管すれば、必要な時にしっかり力を発揮してくれる。

いて座「トラベラーズノート パスポートサイズ」

この世の普遍性を求めてやまない、いて座。国を問わず共通する真理を求めて、軽々と海を飛び越える。そんないて座の相棒にぴったりなのが、パスポートサイズのトラベラーズノート。ざっくりとした素朴な風合いの牛革カバーは堅苦しさを望まない、いて座の心をつかむはず。革の色合いの変化を楽しみ、豊富な種類のリフィルとカスタマイズパーツであなた好みの手帳に育てて、日常を旅にしよう。

やぎ座「コクヨ ジブン手帳Biz」

できるだけ効率よく最短距離で目標を達成することが得意なやぎ座。明確なTODOは、現実をしっかりと見据える力に裏打ちされたもの。1か月、2か月、1年間と様々なスパンで予定を俯瞰できる「ジブン手帳Biz」で、さらなる効率化を。目標達成のプロセスに「さらに楽に」が加わるはず。新年度から使える4月始まりなのも嬉しい。

みずがめ座「電子メモ帳」


ゼロベースで考えることが得意なみずがめ座に、前例や類似事例は無用。自分の頭で考えて自分のハラに落とし込む。そのプロセスを誰よりも楽しめる人。考えるときのパートナーはメモ帳。それも、サッと書いてサッと消せる電子メモ帳なら、頭の中はいつもゼロベース。ペーパーレスの手軽さも、新しい技術を抵抗なく取り入れる気質にフィットするはず。

うお座「白いスケッチブック」

うお座には、あてはめる「型」がない。変幻自在にのびやかに、たゆたい続ける柔らかな心。罫線も方眼もない真っ白な紙の上で、思うがままに飛び跳ねて。さらさらと何気なく描かれた線や色彩も、すべてアート。うお座は、存在自体がアートです。