古本市出店で考えた「ワンコイン」っていくらだろう?

読み終わった本を古本市に出店する友人を、少々お手伝い。
そこで気づいたことのシェアです。

古本市
プロの古書店さんブース。本屋の棚がそのまま屋外へ飛び出したよう

スポンサーリンク

「ワンコイン」というのは、どのコイン?

本を売るためには、自分のブースへお客さんに来てもらう必要があります。
足を止めてもらう工夫としては、ブースの前に「目玉コーナー」を作っておくこと。
「この箱の中どれでも100円」のような、アレです。

そこで私は「ワンコインコーナー」を作ってみました。
しかし、どのコインにするかは買う方に決めてもらうという試み。

500円でも100円でもいいのです。
50円も5円もワンコイン。
10円でも1円でもワンコイン。
だから選択肢は6つあります。

箱の中には、文庫本から定価7000円まで、色々な本を入れました。

コインであれば金種を問いませんよという説明書きとともに、本のつまった箱を置いておきました。


さて、いちばん多かった「ワンコイン」はどのコインだったでしょうか。

古本市
コツコツと作業される書店員さん

もっともメジャーな「ワンコイン」は100円だった

何点か売れたのですが、1点をのぞいて全て同じ結果でした。
古本1冊の代金として、最も多く支払われたワンコインは「100円」。

ちなみに売れた本の定価の価格帯は、700円の新書から7000円の専門書までいろいろです。

例外の1点は、数点買われた方。
しばらく後でまた覗いて「やっぱりこれも買いたいけど、さっきたくさん買ったから50円でいいかな」というケース。

この方は、最初の数点をやはり1冊100円でお買い上げ。
なので、「ワンコインは100円」派にカウントしましょう。

「いくらですか?」
「お好きなコイン1枚です」というやり取りの後、「ええっつ!いいんですか!」というセリフとともに100円を本と交換される、というパターンがひたすら繰り返されました。

50円とか1円でもよいのですよ。ワンコインだから。

100円だったら1冊丸ごと。1円だったら表紙だけね。なんて差はつけていません。
100円でも1円でも、同じ本を手に入れられる状況。
100円払うか、1円払うかの選択は自由。

でも、100円なんですね。


「できるだけ安く買うことが合理的」と考えるなら、100円ではなくて1円になるところではないでしょうか。

でも、100円なんですね。

スポンサーリンク

「価値観」って、そんなに大きく違わないもの…なのかな?


これ、今回お手伝いして最も「オモシロイなー」と思ったことでした。

「商品一点の最低金額は100円というスタンダードが、100円ショップの影響で日本人の中に刷り込まれているのだろうか」
「たまたま財布に100円しかなかったのだろうか」
「500円まではいかないけど300円くらいかな、でもワンコインってことだから100円だよね、という気持ちなのだろうか」
「その本の価値は100円以外にない、ということだろうか」

理由はわかりません。
理由なんてないのかもしれません。

ただ、(ほぼ)全員が同じだったことがオモシロイと思いました。


余談ですが、この「ワンコインコーナー」は、「人の消費行動について知りたい」「適切な価格設定について考えたい」と思ったからやってみた……のではありません。

当日の朝、でかける1時間前に「ブースに立ち寄ってもらう工夫が必要だ」と急に目玉品コーナーを思いついてやりたくなる → しかし、自分はあくまで友人の手伝い。本を売るつもりがなかったのでお釣りとなる小銭を準備していない。

だから、

お釣りを準備しなくてもよい方法は……?

と考える。

そうだ、買う方に値段を決めてもらおう!好きなコインを1枚もらえばよい!!

と思いついたのでした。