「自分に優しくする」とは、自分をほっとさせてあげること 

犬

「自分に優しくする」。初めてこの言葉を聞いたとき、私はさっぱり理解できませんでした。

理解できなかったのはなぜかというと、優しくする対象に「自分」は入っていなかったから。え?「優しさ」って、人に向けるものでしょ?と思っていました!!

昔の私、それは違うんだよ。「優しさ」は、まずは自分にむけてあげるものです。

タロットカード

大アルカナ「女帝」は思い出させてくれる!「大切なのは他人ではなく自分を愛すること」

2020年3月19日

スポンサーリンク

知らないことは、存在していないのと同じこと

知らないということは、存在していないのと同じ。

まずは、「自分にも優しくすることができる」という考え方を自分の世界に新たに存在させるところから始めます。

とはいえ「考え方」って目に見えません。

青空

目に見えるものなら画像や動画を見れば一発で存在が認識できるのですが、それができないのですよね、考え方って。

だから、ついつい忘れてしまうこともあるのですが、それも定着させるまでの話。

自分の世界に自然に存在するまで、ブツブツと呪文のように唱えましょう。「私は、私に優しくすることができる」と。

「自分に優しくする」方法がわからないときにまずやること

他人に優しくするのは、結構簡単にイメージが湧きます。

「困った状態を解消する手助けをすること」だったり、「さらに良い状態になるようにサポートすること」だったり。

イメージが湧くことは、行動に移せます。

な・の・に~!

自分相手となると、立ち止まる。

「自分で解消できないから困った状態になっている。それを、自分で助けてあげるって無理でしょ?」

という疑問が湧くわけです。

自分相手に優しくしているイメージが出来ないということは、「自分に優しい」の設定がおかしいのかも??と私は考えました。

どこを目指しているのかがわからなければ、そもそも何をしたらよいのかわかりません。

まずやるべきなのは、「自分に優しい」を自分なりに設定しなおすこと。

自分にとっての「自分に優しい」って、どういうことなのか。これを自分の言葉で考える。

私が本を読んだり、実際に専門家に話を聞いたりして調べまくり、自分なりに設定した「自分に優しい」は、次のとおりです。

スポンサーリンク

「自分に優しい」を自分で理解できる言葉に変換

図にしてみましょう。

自分に優しくとは

私にとっての「自分に優しい」は、自分をラクな状態にすること、でした。

次にもう一押し、「ラクな状態」を掘り下げる。

「ラクな状態」には、体で感じるものと気持ちで感じるものがあります。

このふたつはお互い作用しあっています。

体が窮屈だと気持ちも窮屈。体が疲れていれば気持ちも疲れる。眠ければ機嫌が悪くなるし、おなかがすけばイラっとする。

こんなときは、眠い時は寝る。おなかがすいたら何か食べる。というように体方面から働きかけると、気持ちも落ち着いてきます。

体に働きかけるのは、わりとやりやすいしわかりやすい。

では、気持ち方面から働きかけるにはどうしましょう?

「考え方を選ぶ」ことができることを知る

体への働きかけで何をしているのかというと、「よりラクな状態を選んで、そちらを実行すること」なのですね。

たとえば、眠いのをガマンして起きているのではなく、素直に寝ることを選ぶ。で、布団に入るということを実行している。

これを心についてもやればいいじゃないの。というわけで、出たひとつの結論が次の図。「考え方を選ぶ」です。

自分に優しくとは

そこで、「選ぶべき考え方」のサンプルがほしいですよね。やみくもに選んで、自分にさらに意地悪になっては元も子もない。

というわけで、具体的にどういう考え方がいいの?というひとつの基準をまとめたのが次の図。

自分に優しくとは

何でも最初は「型」があるとやりやすいです。テニスもゴルフも、基本となるフォームをまずは真似する。新しい考え方を取り入れるのも同じこと。

上の表には5項目あがっているのですが、共通するポイントを一言で言うなら・・・

「ホッとしよう」です。

つまり自分に優しくするというのは、自分を心身ともにホッとさせてあげること、なのです。

もし、これから「自分に優しくする」ことに取り組んでいきたいなと思ったら。

まずは「その考えを自分の世界に存在させる」ことから始めます。

次に、「自分に優しくする、を自分が理解できる言葉に書き直す」。自分の言葉で、というところがキモです。私は「自分を心身ともにホッとさせてあげること」ととらえています。

それができた段階で、できることをやってみる。

最初からやみくもに行動しようとしないで、「優しくするってなんだろう?」と自分に問いかけてみるひと手間。これがポイントです。ぜひ、この順序でお試しください。

スポンサーリンク

確実に「ホッとできる」参考図書

実際にやってみて、「これはよい!」と思った本です。とにかく、自分の気持ちや行動をすべて、片っ端からOKしていくのです。

 

紹介記事はこちら。

シンクロちゃん

「シンクロちゃん」に学べ あらゆる自分をまるごとOK

2019年11月18日

ほっとできない原因は「母」にあるのかもと思ったら

近くにいても遠くにいても、いつも「母」が気になる。もし、そのことがあなたをほっとする気持ちから遠ざけているのだとしたら。

この記事で紹介した、木内昇さんの短編集「占」の中にある「不可解をやり過ごせ」というアドバイスが効くかもしれません。

歩く

あなたは、誰に認められなくてもあなたです

2020年4月27日