【タロットリーディングのその後】あの時の彼と結婚しました!

「あの時の彼と結婚しました!」こんな、心躍るご連絡をいただきました。
ご連絡くださったのは、以前タロットリーディングのご依頼をいただいた、ゆきさん(仮名)です。

スポンサーリンク

「変えたければ、自分が行動することだ!って実感したんです」

ゆきさんとのリーディングのテーマは、一言で言うと「交際中の彼の態度に対するご自身の反応」。

彼からの連絡が、少し間が空いているから不安。
他愛もない冗談だとわかっているけれど、あんな言われ方をすると傷つく。

彼・彼女に限らず、人間関係で私たちがよく感じる感情です。
私たちはついつい、「あの人がこんなことを言わなければ、こんな気持ちにはならないのに」と思ってしまいます。

でも、リーディングでお話していく中で、ゆきさんは自ら気づきます。

「コントロール可能なのは、相手の行動ではなく自分の反応」ということに。

ゆきさんの気づきは、さらに前進します。

「変えたければ、自分が行動することだ!って実感したんです」

ゆきさんは、試行錯誤しながら様々な「行動」を実行されます。
中でも私が一番印象に残ったのは、見せてくださった手帳でした。

手帳

それは、ご自身の思いをびっしりと書き出して整理した手帳。
書き出す項目は、5つのステップに分かれていて、例えばこんな感じです。

「自分の思いを書き出す」「行動する」「検証する」

1.今の自分についての現状把握。感じていることを素直に書き出す
―彼から、メッセージへの返信がこない。私はとても不安に思っている。
―この状態がいつまで続くのだろう?
―もう私のことが嫌いなのかもしれない。

2.彼の好きなところや魅力を書き出す
―彼の○○なところが好き。☆☆なところがすごいと思う。

3.彼に対する今の気持ちを書き出す
―やっぱり彼のことが好きだという気持ちに変わりはない。

4.自分が、今、何ができるかを考える
―誰でも理由なくイライラするときはある。私もそんな時は、自分のことで精いっぱいで人のことを考える余裕がない。彼も今はそうなのかもしれない。待ってみよう。

5.行動してみた結果をふりかえる
―特にこちらからアクションを起こさず待ってみた。
―自分で決めたことはできた!
―彼からの反応はなかったけれど、今日は様子見だから大丈夫。
―きっと徐々に取り戻せているはず!

書き出しては行動。
行動の結果を振り返り、自分を励ます。
そしてまた書き出しては行動。

ゆきさんは、コツコツと、この行動を続けました。

スポンサーリンク

自分で考えて、決断して、実践した結果だと思います

一時はピンチを迎えた彼との関係も、無事に回復することができました。
その時にいただいたメッセージがこちらです。

とにかく落ち込んでいるときは、お守りに「お願い!」って願掛けしたりしました。

それもいいけど、結局自分が何をしたか、っていう話だよな、って気づきました。

だから、彼に堂々と向き合ったり、話しかけてみたり、そっとしてみたり、臨機応変に色々やってみました。

イマイチな結果に終わっても、自分を励まして。

彼から「付き合っていたい!」と連絡をもらって、これは神頼みじゃない、全部自分が頑張った結果だと思いました!

もちろん、色んな人からアドバイスももらったのですが、結局は「自分で考えて、決断して、実践した結果」だなって思います。

幸運をつかむのも引き寄せるのも、自分の気持ちと行動で、なんとでもなるって、自分で体現したなって思えます。悩める女子たちに、このことを伝えたいです(#^.^#)

そして、このたびいただいたのが「彼と結婚しました」というご連絡……私まで、じわじわ来てしまいます!

結婚
おめでとうございます!!

必死にもがいてきた自分をちょっと好きになりました

ご結婚のご連絡とあわせて、近況もお伝えくださったゆきさん。
ご自身の考えをノートに書き出す習慣は、相変わらず続けていらっしゃるそうです。

1年前の自分には1年後こんな素敵な事が起きるなんて想像できなかった。
だけど、全て自分の努力が掴んだ今なんだと、誇らしく思うのです。 それに、随分とポジティブにあの頃よりもまた一段と強くなりました。

また、今回、ゆきさんはご自身のエピソードを紹介したブログ記事を久々に読み返されたそうです。
読み返したご感想がこの一言。

懐かしく、必死にもがき、頑張ってきたんだなって自分をちょっと好きになりました。

「自分で」考えて、「自分で」やってみる。
やってみた自分を「自分で」励まし、ほめ続ける。

いつもすんなりいくとは限りません。行ったり来たり、もどかしいときもあります。

ブランコ
ブランコのように揺れながら

不格好にもがいているだけにしか見えない時もあるかもしれません。
うまくいかない状態には、スマートさのかけらもないかもしれません。

でも、その時の自分ができる最大のことをやってみる。
自分で自分に寄り添いながら。励ましながら。

そうやってやってきたことを、後で振り返ったときに「懐かしく、必死にもがき、頑張ってきたんだなって自分をちょっと好きに」なるはずです。

このプロセスで、ご自身のことを好きになり、ご自身への信頼感を増していったゆきさん。

「自分の内側を整えることで、外側のとらえ方が変わり、結果として外側に見えるものも変化していく」。まさにこういうことなのだなぁと、私はゆきさんからリアルな事例を学びました。

ご自身の体験を掲載することを、「どなたかのご参考になるのなら」と、快諾いただいたゆきさんに、深く感謝いたします。

ご参考になれば、ゆきさんも私もHappyです。

ゆきさんの過去のエピソードはこちら

【タロットリーディングで変わりました】幸運を引き寄せるのは自分の気持ちと行動次第だと体感できた。悩める女子たちに伝えたい!

2018年6月26日