花フェスタ記念公園 春のバラまつり

岐阜県可児市にある「花フェスタ記念公園」のバラ。バラ。バラ。

バラがとにかく美しいので、その写真をアップしたい!

バラ
見上げれば青い空とバラ。贅沢の極み

ただそのためだけの記事でございます。

スポンサーリンク

花フェスタ記念公園 春のバラまつり

5月中旬から約1か月続く、毎年恒例の「春のバラまつり」(春のパンまつりじゃないよ)。

園内を散策すると、バラまみれになります。

バラ
バラのアーチで気分高揚

家の入口もこんなふうにしたい!という魔が差す・・・いや、夢が広がります。

バラ
注)この姿にするには、夢のほかに手入れも必要です

こんなふうに、家の庭の中にバラの柱をずらりとたてるのも素敵ね♪

バラ
注)かなりの敷地を必要とします

どの色のバラも素敵。

バラ
バラと言えばこの姿
こういう花びらギッシリもいいな
紫のバラの人
朝まで降り続いた雨のしずくも美しい

バラを堪能しました。

花フェスタ記念公園内の「ターシャの庭」

花フェスタ記念公園内には、かわいらしい「ターシャの庭」があります。

アメリカの絵本作家、ターシャ・テューダーの愛する庭を再現した一画は、他のエリアとはちょっと違う空間。

ベンチ
木陰のベンチ。昼寝したい

一言で言えば、ナチュラルです。

おそらく、ナチュラル「風」にみせるためにはそれなりの手間がかかっているはず。

水栓
こういう水栓にしたらオシャレー

スポンサーリンク

ナチュラルなお庭づくりの参考に

何気なく置かれている小物類も、雰囲気にピッタリなものばかり。

真似できるかな?

こんなふうに、じょうろを無造作に置いてみたり。

愛用しているプラスチックの緑色のじょうろでもできるかしら(笑)!?

無造作(風)に吊り下げられた空き瓶

この空き瓶に、花を挿してもカワイイな。

「ターシャの家」の玄関扉に飾られているドライフラワー。迫力。

でも、ものすごくマッチしている。

色合いがすてき

花フェスタ記念公園の公式ホームページによると、この「ターシャの庭」は、維持運営管理ボランティアグループの皆さんが作られたようです。

公園内の膨大な数のバラや植物の維持管理も、この「ターシャの庭」の作り込み方も、携わっている皆さんの愛を感じます!!

バラ

ああきれい。ああ満足。