東北・八甲田山へ紅葉見物 服装で迷った話

10月末、東北での紅葉見物。「ダウンのコートを持っていくか否か」直前まで悩み、結局持たずに行きました。その体験のシェアです。

スポンサーリンク

ダウンのコートは持参せず「身軽さ」を選択

今回の行き先の中で、最北地点は青森県の八甲田山。
ロープウェイで頂上へ行く予定だったので、ここを「ダウンのコートなしで乗り切れるかどうか」が今回の一番の悩みどころでした。

悩みぬいた理由は、荷物を極力小さくしたかったから。
私が持っているのは、ダウンのロングコート。がんばって圧縮しても、持ち歩くにはかなりのスペースが必要です。

3日間の荷物はリュックとトートバッグに収まる範囲にまとめたい。

とはいえ、寒いのは困る。
ダウンのコートだけ、ホテルに送るか?

いや、そこまでする必要あるか?
八甲田山の頂上にいるのは旅行全体からみたらほんの一瞬。
そのためにわざわざ???

「何を優先すべきか」。
人生でよくある場面です。
そして私は、「身軽さ」を優先しました。

耐えられないほど寒いのなら、頂上に行かなければよい。
頂上にこだわらない「身軽さ」を選択した、とも言えます。

旅の荷物軽量化に活躍 ユニクロ「ウルトラライトダウン」とモンベル「ライトシェルアウタージャケット」

その代わりに、薄手のものをできるだけ重ね着することにしました。

インナーはもちろんユニクロの極暖ヒートテック。
薄手のウールのニット&カーディガンを重ね、その上にユニクロのウルトラライトダウン。
シメはモンベルのライトシェルアウタージャケット。

合計5枚重ねで挑みます。

ウルトラライトダウンも、ライトシェルアウタージャケットも、コンパクトにポーチに収まるところがとてもよいですね。温度調節用の携帯ウエアとしては手放せません。

5枚重ねで、いざ、八甲田山の山頂を目指します。

ロープウェイ乗り場

ロープウェイ乗り場は、風があるものの、青空が美しいお天気。

スポンサーリンク

八甲田山の山頂には無料の貸し出し用長靴が

およそ10分かけて649.50メートルを上っていくと、頂上は、真っ白。

霧で何も見えません。

濃い霧


そして、風速20メートル近い風。

気温は3℃。

看板

5枚重ねのおかげで寒さはなんとか大丈夫なレベルなのですが、とにかく手が冷たい。外に出していると痛いので、常にポケットに手をつっこみ、散策はおろか写真撮影もそこそこに再びロープウェイ乗り場に舞い戻る。

視界不良で何も見えない山頂では、ダウンのコートを着て万全の防寒体制だったとしても、「わーい、この遊歩道を歩こう!!」とは思わなかっただろうな……。

そんな八甲田山の山頂でしたが、「ご自由にお使いください」と様々なサイズの長靴が用意してあります。なんて親切。

長靴

ダウンのコート問題だけではなく「長靴を持っていくか否か問題」もあるはず。旅の出発地は春でも八甲田山の頂上は冬というケースもあるでしょう。

長靴問題でお悩みの場合は、山頂に無料の貸し出し用長靴があることを考慮されるとよいかも。

そんな長靴を後にして、ロープウェイで徐々に下ります。

次第に霧が晴れて視界が開けました。
紅葉はすでに終わっていましたが、葉が散った後の木々も美しい。

この景色は見とれます。

ダケカンバ


特に、真っ白な枝と幹がひときわ映える「ダケカンバ」の群生は美しかったです(白い木はみんなシラカバと思い込んでいましたが、シラカバではないのですね……)。

八甲田山のロープウェイ乗り場にはレンタルベンチコートが

無事に起点に帰り着き、乗り場を後にしようとしたときに目に入ったのがこちら。

ベンチコート

レンタルベンチコート500円。

暖かそうなベンチコート、レンタルできるんですね……。

「ダウンのコートを持っていくか否か」悩んだ時間がいとおしい。

「ほとんどの心配事は、実際には起こらない」。
そんな言葉が頭をよぎった瞬間でした。

スポンサーリンク

思わぬものが現地でレンタルできるかもしれない

その後は、ユニクロのウルトラライトダウンはもちろん、モンベルのライトシェルアウタージャケットもいらないくらいの陽気で、あちこちの紅葉を楽しみました。

紅葉


たまたま、日中はとてもあたたかな日だったようです。

紅葉

ただ、夕方から天気が崩れ、日没直前に立ち寄った八幡平アスピーテライン展望所では吹き飛ばされそうな強風に乗ってピチピチとはじけるような白い粒が飛来。
昼間は暖かくても、一日の中での寒暖の差はやっぱり激しい。

夕方以降も屋外にいるのなら、やっぱりダウンのコートは必要かなぁ。旅先での動き方と合わせて考えたいところです。

そして「思わぬところにレンタルがある」ということも、今回の旅でわかりました。

服装に限らず、旅で必要なものは現地でレンタルできるかどうか調べておくと、荷物を少なくすることに役立ちそうです。