自分の「ささやかな望み」をかなえてあげよう

「今日は、久々にハーゲンダッツのアイスクリームを買おう」と心に決める。
保冷剤に負けないくらいの固い決意を秘めて、スーパーへ向かった。

アイスは、レジに並ぶ直前にかごに入れる。
これは、買い物の鉄則だ。

まずは生鮮食料品をあれこれ物色していると、カゴがそこそこいっぱいになってきた。その時、レジ前の長蛇の列が目に入る。
あまりの列の長さに、「並ばなきゃ!」と身体が勝手に反応し、手近な列に並ぶ。

順番が来るまで待つ。ひたすら待つ。カゴ2つ分買い物をしている前の人の会計が終わり、やっと順番がきた。ふぅ、やっと会計終了。買ったものを袋に詰めているときに思い出した。

あ、ハーゲンダッツを買っていない!!

スポンサーリンク

「まぁいいか、今度で」とスルーしていないか?

どうする?
また売り場に戻って、アイスを選び、長蛇の列に並び、レジを待つ・・・??

うーん。とてもとても、面倒である。
「まぁいいか」と思う。
「どうしても今日買わないといけないわけではないし」と自分を納得させる。

アイス
私はナッツ類が好きです

しかし、そこでふと思った。

こうやって「まぁいいか」と自分の望みをスルーしちゃうことが、ちょこちょこあるよね?ということに。

自分の「欲しい」を満たしてあげよう

「ハーゲンダッツのアイスが食べたい!」という自分の望みをかなえたいけれど、諦めざるを得ない時もある。
品切れとか、財布忘れたとか。
そういう「やむを得ない理由」があれば仕方がない。

けれど、今は違う。
30歩ほど戻ればアイスクリームのショーケースにたどり着く。
その中には、ハーゲンダッツのアイスたちがキラキラと輝いている。

ちょっと手を伸ばせば、欲しいものはすぐそこにある。
なのに、その「ちょっと手を伸ばすこと」を省略しようとしていたのだ。

省略する理由は、いくらでも湧いてくる。
「今じゃなくてもいいし」
「またレジに並ぶの面倒」
「この混雑時に、アイスひとつで並ぶなよ!と思われるかも」
「まぁいいか」

おかしいじゃないか。
今日は、ハーゲンダッツを買うことを楽しみにスーパーに来たのだ。
いつもは持ってこない保冷剤まで準備しているというのに!

私は思い直した。
こういう細かい望みをスルーせず、その時できる最大のことを実行するのが大事だよね、と。

スポンサーリンク

「何を手に入れたか」よりも「高まる気持ちを味わえたか」が大事

「自家用ジェットがほしいです!」と願っても、スピーディにかなえることは難しい。
でも「ハーゲンダッツがほしいです!」なら、すぐにかなえてあげられる。

幸い、時間には余裕がある。もう一度レジに並ぶくらい、どうということはない。
財布の中身も、今すぐハーゲンダッツを買うくらいの余裕はある。

実は、手に入るものが自家用ジェットだろうが、ハーゲンダッツだろうが、あまり関係がない。
「望みがかなったぞ!」という嬉しさ。高まる気持ち。
それを感じることが大事なのだ。

というようなことを0.5秒くらいで思いめぐらせ、私は再び食品売り場に舞い戻った。

ハーゲンダッツの棚の前には、悩んでいる人がいた。

悩んでいる人は、冷凍庫のドアを全開にして、冷気を全身に浴びながらミニカップをひとつずつ手に取っていた。
どうやら、期間限定の「バナナ&マスカルポーネ」にするか「キャラメルバタークッキー」にするかを決めかねているようだった。

たしかに迷う。

期間限定商品は、定番商品と比べて何となくパッケージのデザインが華やかだと思う。
だから真っ先に目が行くのだ。

期間限定商品の中から選ぶことを決めたとしても、複数の種類があるからやっぱり迷う。
この迷いを消滅させるには、全種類を買うしかない。
しかし、未だかつて全種類を買ったことはない。

私は、そっと悩んでいる人を見守っていた。

ハーゲンダッツの棚の前で悩まない人はいるのだろうか

悩んでいる人は、全種類を買うことはなく、「バナナ&マスカルポーネ」を選ぶわけでもなく、結局定番の「グリーンティー」に決めたようだった。

アイス
私は、この濃厚なグリーンティーも好きです

これも、実によくわかる。

期間限定商品をひとつひとつチェックした後に「やっぱり定番商品にしよう」と決断する。
そんな経験は、私も一度や二度ではない。

そんなことを思いながら、私はそっと悩んでいる人を見守っていた。

悩んでいる人は、「グリーンティー」をかごに入れた。そして、一旦は冷凍庫の扉を閉めたのだが、またすぐに首をかしげながら扉を開けた。

悩んでいる人は、手に取った「グリーンティ」を棚に返し、クリスピーサンドとクランチーバーで迷い始めた。

扉は全開、冷気を全身に浴びながら・・・。

悩んでいる人は、最終的にクリスピーサンドをかごに入れて、その場を立ち去った。

やっと私の順番になった。私は扉を閉めたまま、気がすむまで悩んだ。
そしてやっぱり、安定の「バニラ」にした。

「4」は安定の象徴。四角形のお皿に載せてみました

「バニラ」は私にとって、「帰ってくる場所」。ホロスコープで言うなら第4ハウスなのだ。あちこち旅するのは楽しいんだけど、「結局はホームでしょ!」とくつろげる場所。自分の根っこ、ベースのような場所。

期間限定商品を味わうのも楽しい。で、もちろんのことどれもおいしい。でも、「おいしいけど、やっぱりハーゲンダッツはバニラだよね」といつも同じ感想になる。

「やっぱりバニラだよね」は、他のものを試したから感じられること。だから、いつも即決で「バニラ」を買えばいいというものでもない。「バニラ」があるから、他のフレーバーを安心して楽しめる。

期間限定商品と「バニラ」の間を行ったり来たり。そうやって悩むのが、これまた楽しいのだ。

この「悩む時間」もハーゲンダッツの魅力のひとつ。
素晴らしきかな、ハーゲンダッツ。


[20%OFF] ハーゲンダッツ アイスクリーム ミニカップ 17種類から2種類選べる12個(6個×2種類)セット