「自分でやった方がいい」もほどほどに

「自分でやった方がいい」。相手に期待するより自分でやった方が早い、なんて思った時によく言います。

アマゾンプライムのドラマ「フォーエバー~人生の意味~」を見ていたら、「自分でやった方がいい」と言いながら食洗機に妻が入れたフォークの向きを直す夫が出てきました。

スポンサーリンク

食洗機に入れたフォークの向きを1万回直した夫

ドラマの主人公は中年の夫婦。エピソード5「別の場所」で、こんなシーンがあります。

食洗機に入れた食器を並べ直す夫。フォークの向きを逆にしています。
どうして向きを変えるのかと尋ねた妻に、「この方がきれいになる」と答える夫。

食洗機に食器をいれるのは妻の役割。
つまり夫は、毎回毎回、妻が入れたフォークの向きを直しているのです。

妻:これまでに何回直したの?


夫:どうだろう。1万回くらいかな

ここで妻、呆れます。

妻:どうかしているわ。言えばいいのに


夫:どうなるかわかるからさ
「フォークの歯を上向きにして」と言うと君は一週間はそうしてもその後忘れる
僕が「逆むきだよ」と言うと「そうだった」といってまた忘れる
また僕が指摘して君は「そうだった」
僕はガミガミ 君はイライラ
だから自分でやったほうがいい

カトラリー

衝突はゼロにできるもの?

あるね、あるね。
「自分でやった方がい」
これ、あるね・・・。

相手を怒らせて、結果自分もイヤな気分になるくらいなら「自分でやった方がいい」と、思うよね・・・。

妻:そこまでして衝突を避けたいのね


夫:向きを変えるだけだ。五秒でできる。でも君が怒るならやめる

「フォークの向きを変える」ことも、妻が怒るならやめるという夫。ほんとに衝突を避けたいのですね。

でも、違う環境で育った人間同士。
大なり小なり衝突がない方が珍しい。衝突がゼロになるほど避けきるのも不自然じゃないのかな?

一人じゃないんだから 

心こすれあい

血がにじむことだってたまにあるでしょう

B’z 『泣いて 泣いて 泣きやんだら』アルバム「SURVIVE」

たまにはあるんですよ、心がこすれあうことも。

だから、「自分でやった方がいい」と考えるのは、一見いいようにも思えるのですが。意外にガマンをため込んでしまっていることも多い。
いつか爆発してしまうかもしれません。

こまめに衝突するのが自然、と構えている方が気がラクかな、と思います。


衝突の仕方も色々です。口論がいいのか、モノにあたるのがいいのか。
お互いの特徴を発揮できて、許容できる衝突って、どういうスタイルなのかを、試行錯誤できる関係だといいですよねぇ。


いずれにしても、「自分でやった方がいい」もほどほどに。

ドラマ「フォーエバー~人生の意味~」は、Amazonプライム・ビデオのオリジナルシリーズです。

カリフォルニア郊外に暮らす夫婦、ジューンとオスカーは、気ままではあるが決まりきった日々を過ごしていた。何年もの間、2人は同じ会話をして、同じものを食べ、毎年同じ湖の別荘で休暇を楽しんできた。だがマンネリ解消のため、ジューンがオスカーにスキー旅行を提案したことがきっかけで、2人は思いもよらない事態に遭遇することになる。

「本当に思いもよらない事態」になったのでびっくりしました。ついつい1話から8話まで一気に見てしまった・・・。

1話が30分前後とはいえ、4時間くらい見ていたことになります。
いつもは2時間の映画でも飽きるのに(笑)。

この作品は、アマゾンプライムで無料で見られます。