断食体験で得た一番の効果は「発想の転換」

断食体験を人に話して、よくされた質問をまとめてみました。断食を検討中の方のご参考になれば!

利用施設 伊豆高原断食ホテルアイウェルネス

体験内容 断食体験コース4泊5日(2日間断食、2日間回復食)

利用時期 2019年4月

スポンサーリンク

1日のスケジュールは?

今回私が参加したコースは、だいたいこんな感じのスケジュールでした。

 9:00 リフレケア※(4泊5日の滞在中、最終日以外毎日)

10:00 朝食(断食中はありません。3・4日目のみ)

10:30 マッサージ(4泊5日の滞在中2回体験)

17:00 夕食(断食中はありません。3・4日目のみ)

(※リフレケアは、機器を使って、からだをあたためたり、揺らしたりするケアです)

これだけです。

午前中はまだしも、お昼からはまるっと自由。夕食がなければ、寝るまで自由。

こんな時間、普段ではなかなかもてません!!!

ものすごく自由度が高いのですが、ヒマを持て余す・・・ということはありませんでした。

ホテルが日替わりで提供してくれるアクティビティプログラムに参加するのもよし。

ホワイトボード
日替わりのアクティビティメニュー。
付近の観光スポットへ案内してもらったり、ホテル内でヨガができたり。

ホテル内での無料レンタルDVDを楽しむのもよし。

無料WIFIでインターネット三昧もよし。

付近を散策・観光するもよし。

ちなみに、私はこんなふうに過ごしていました。

看板

断食体験。動く気力のないときにしたこと

2019年4月5日
海

断食体験。動く元気があるときにしたこと

2019年4月6日

アイウェルネスを選んだ理由は?

日程の融通がきくことです。

好きな日から、好きな日数滞在可能と大変フレキシブル。

なので、滞在している方おひとりおひとりの日程はバラバラ。

例えば、食事ひとつとっても、回復食の1日目の人、2日目の人・・・とそれぞれメニューが変わります。多種のメニューを作り分けて提供することはかなりの手数が必要だと思うのですが、とてもスムーズに対応されていました。

食堂
天窓から光が降り注ぐ気持ちのいい食堂

しかもおいしい。

私が4泊5日の滞在でいただいた食事はこちらです。

azukibijincha

断食体験。断食中に飲んだものと食べたもののすべて

2019年4月4日

スポンサーリンク

ホテル内の様子は?

ホテルには、棟がふたつ。

今回は、百年杉館に宿泊しました。立派な杉がふんだんに使われ、癒される空間です。

柱や梁に使われている杉の木の太さにびっくり。

ロビー
毎朝、このスペースで自由参加の体操タイムがあります

こちらの棟には、フロントや大浴場、食堂などの共有スペースがあります。板張りの床が気持ちいい!

もうひとつの棟、本館には、リフレケアやマッサージルームがあり、必要に応じて移動します。

部屋はすべて個室。百年杉館は各部屋にトイレ・洗面所がありました。

大浴場は露天風呂あり。気持ちのいい温泉です。

スタッフの方は皆丁寧で感じがよく、安心して滞在できました。

すぐに名前を覚えてもらえたのも嬉しいポイント。

持っていくといいものは?

私が持って行ったのは、着替え、パジャマ、洗面道具。

ありがたいことに、洗濯機が無料で使えるので着替えは最低限。洗剤も備え付けのものが自由に使えます。乾燥機もあります。

洗濯機
とても頼りになる洗濯機&乾燥機

ホテル内での移動用に、使い捨てスリッパが準備されています。また、二つの棟の移動用には、用意されているサンダルを利用。

時間はたっぷりあるので、読みたい本を大量に持ち込むのもいいかもしれません(断食中は読書できるコンディションじゃない時もありましたが・・・)。

スポンサーリンク

ホテル内ではどんな服装で過ごしているの?

マッサージやリフレケアもありますし、何よりもリラックスのための滞在なので、スウェットやジャージなどのラクな服装でいらっしゃる方が多かったです。

私もホテル内では、ずっとすっぴん&スウェットでした。断食の反応で、部屋でゴロゴロしたいときもありますし、基本的には自分がラクな恰好です。

空腹がつらくなかった?

これは自分でもびっくりなのですが、空腹がツライとは思わなかったんですよね。

若干ツラかったのは、断食の反応による頭痛。

これも、耐えられないほどではありませんでした。ただし、個人差はあると思います。

初日は、朝食を抜いてチェックイン。時間はちょうど昼頃。

これが全滞在期間を通じての空腹のピークでしたが、入所面談やリフレケアをこなしているうちに、空腹を忘れてしまいました。

空腹って忘れられるものなんですね!!!

その後、うっかり「かつ丼」や「わさびアイス」の看板を見てしまい、空腹がよみがえったこともありましたが、そういう刺激がなければ空腹でツライ思いをすることはありませんでした。

スポンサーリンク

断食をしてみて、どんな効果があった?

「常識」がひっくり返った

例えば、「空腹=ツライ」という「常識」。やってみたら、実際はそれほどでもなかった。

回復食1回目の、49キロカロリーの食事。大人の食事の「常識」から言えばカロリー不足です。でも、これで十分満足する自分がいた。

「規則正しく3食食べなければいけない」という「常識」。何があっても食べなければいけないわけではないことがわかった。

「食」に関する「常識」は、無数にあると思います。

「1日3食」にしても、今は「常識」かもしれませんが、3食も食べられない時代もあった。しかも、家事から農作業まで、機械の手を借りることができなかった時代です。

「食事は3食食べるもの」という思い込みから、ちょっと外れたことをしてみると、「必ずしもそうでなくても大丈夫だな」という「ゆるみ」が生まれます。

退所面談の時、スタッフの方がおっしゃいました。

「私はこの食事量でいいんだ、という思い。思いのチカラは強いですよ」

他の人は、この量が足りないかもしれない。

でも、「私はこれでいいんだ」という思い

自分だけの「常識」に自信をもっていい。

そんなメッセージを感じました。

食はひとつの事例でしかなく、他にも無意識のうちに縛られている「常識」があるのかもしれない。

私にとっての一番の効果は、そこに気づけたことです。

アイウェルネスさんが掲げている「心と身体の大掃除」ができたと思います。

断食効果?マジカルアイが簡単に見えた

断食が影響しているのかどうかはわかりませんが、こんなことがありました。

ある絵をじっと見ていると、全く見えていなかった絵が浮き出てくる「マジカルアイ」。この本が、ロビーの共用スペースにあります。

断食4日目、何気なくこの本を見てみたら、ものすごく簡単に見える。絵がどんどん浮き上がってくるんです。

マジカルアイの本
あまりに簡単に見えるので、全ページ見てしまいました

過去に何度かやるたびに、なかなか絵が浮き出てこなくて、難しく感じていた「マジカルアイ」。

「見よう」とすればするほど、絵が浮き上がってこない。

それが、「見よう」としたわけではないのに、ページを開いたらすっと絵が浮き上がってくる。

どのページもそうでした。

ひょっとして、「こう見なければいけない」という「常識」が外れたんですかね?

これも断食効果かな???不思議。

もちろん体重減

食べていないのですから、収支計算上減らないはずがない。

主目的ではなかったので、この点についてはさほど感動もありませんが、食べなかった分数字は落ちていました。

料金は高いの?

4泊5日で6万2千円ほど。

初めて参加する人向けの「体験価格」としての割引がありました。

宿泊する棟や、マッサージの回数などによっても値段が変化します。

断食体験を話すと、「食事がついていないのに、高い」「その値段なら妥当だね」と色々な反応。

自分が何を求めるか、ですね。

結論:非日常体験でイロイロリセット

4泊5日の初断食体験。一言でいうと楽しかったです。

ホテルの部屋にあった案内に、「断食の効果はあなたの心がまえで決まります」と書いてあって、何の心構えもなくただ「やってみたい」だけでやってきた私は一瞬うろたえたのですが、そんな軽い気持ちでもOK!

やってみると、きっと何かが発見できると思います。

百人いれば百通りの発見があるはず。

非日常を体験してリセットしたい方にはおすすめです。