断食体験。動く元気があるときにしたこと

伊豆高原の断食ホテル「アイウェルネス」さんでの断食では、断食期間の半分は回復食をいただけます。

からだはとっても正直。

食べると動く気になりますね。動く気力もなかった断食中(1、2日目。様子はこちら)を経て、自然に動きたくなった回復食中(3、4日目。スケジュール内の太字部分)の体験をシェアします。

断食体験のスケジュール
1日目 丸一日何も食べない(水分のみ)
2日目 丸一日何も食べない(水分のみ)
3日目 回復食 朝夕2回
4日目 回復食 朝夕2回
5日目 朝普通食 チェックアウト

スポンサーリンク

回復食中、ちょっと動きたくなった時

ホテル内で動く

マッサージチェアを堪能

ホテル内には、自由に使えるマッサージチェアがあります。
椅子に身体を委ねて思う存分マッサージ三昧。もみもみ。

マッサージチェア
ロビーにある自由に使えるマッサージチェア

ヨガやピラティスのプログラムに参加

ホテルでは、日替わりでアクティビティのプログラムがあり、ヨガやピラティスの先生を招いたレッスンも行われています。
滞在中、ヨガとピラティスのプログラムを体験することができました。
これが、とてもよかった。
どちらの先生も、レッスンを通して「からだの声をきく」「今のからだの状態を見る」ことを伝えてくださいました。

ヨガとピラティス、呼吸法などの違いはありますが、どちらも「自分のからだをみつめる」ツール。

自分のからだをみつめることは、自分をみつめることでもあります。

ポーズができない、からだが堅いとジャッジするのではなく、淡々と「今はどんな状態なのか」を客観的に見る。

断食中は、頭痛がしたり体が軽くなったりと、からだの様子がどんどん変わっていくので、「今はどんな状態か」を客観的に見る練習にもなりました。
こういうアクティビティが、気軽にホテル内でできるのはありがたいですね。

ヨガスペース
ヨガやピラティスのスペース。ここでは毎朝、自由参加の体操もあります

ホテルから出て動く

ホテルの周辺を散歩

別荘地に立地しているホテルなので、当然のことながら周辺の家々は立派な別荘。

散歩しながら気分があがります。

緑がとても多く、頭上の木の枝をササッと移動していくリスに遭遇するのは日常茶飯事。うぐいすの鳴き声も響きます。

伊豆半島全体が「富士箱根伊豆国立公園」に含まれている、つまり国立公園の中に住んでいるということ!公園の中と思えば、リスに会えるのも納得です。

そして、高い木がとても多い。

見上げるような松や、やまももの木があちらこちらに。

頭上から桜の花びらが降ってきて初めて、あんな高いところに桜がある!と気づくようなこともありました。

たわわに実る甘夏の木も見かけたのですが、なぜか根元には中身だけくりぬかれ、丸いままきれいに残った甘夏の皮が散らばる。

あまなつ

誰が、こんなふうに食べているんだろう?

散歩中に出会った、近所にお住まいの方に教えていただいたのですが、国立公園内なので、みなさん木をできるだけ切らないようにされているとのこと。

なるほど、だから庭に生えている木も、天を見上げるような高さのものが多いのですね。

また、「小動物も色んなのがいますよ。リスも多いわね。リスはね、甘夏の皮だけをきれいに残して中身だけ食べるの。そして、その残りを鳥がついばんでいますよ。自然はうまくできているわね」と教えてもらいました。

なるほど、あの中身がくりぬかれた甘夏の皮は、リスが食べた後だったのですね。

地元の人から色々教えてもらうのは楽しい。

こんなふうにして、ホテルから10分ほど歩いていくと海に着きます。

海までの詳細な地図もフロントに用意されていて、親切。

散歩におススメのルートも教えていただけます。

散歩のたびに海まで歩き、荒々しい断崖絶壁の上で深呼吸。

海釣りの格好のスポットになっているようでした。

海
断崖絶壁をのぞむ

付近の散策は、とってもリフレッシュできる大好きな時間でした。

回復食中、身体が軽いと感じた時

DHCの海洋深層水赤沢スパを体験


滞在初日から数えると4日目、回復食も2日目になると、自然に体を動かしたくなります。

そこで、ホテル近くにあるDHCの海洋深層水赤沢スパに行ってみました。

断食体験プログラムについている、1回分のスパ利用券を利用。

ホテルから無料送迎もしてもらえます。

とにかく、とってもきれい&快適な施設です(館内は撮影禁止なので外観のみ)。

メイン施設は、海洋深層水に満たされた温水プール。

ほどよい水流に抵抗しながら歩くウォーキングエリア。

そして、ジェット水流を肩や腰、足などの気になる部分に当ててマッサージできるエリアがあります。
プールエリアは、大きな窓と天井からの光でとても明るい空間。

外の緑を眺めながらプールに浸かっていると、芯からリラックスできます。
疲れたら、プールサイドのデッキチェアでひとやすみ。

水分補給のため、飲料用の海洋深層水も準備されています。

とてもまろやかでおいしい水でした。

さらに、リラクゼーションのための3つのドームがあります。

光を取り込むプールエリアとは対照的に、それぞれのドームは少し照明を落とした静かな雰囲気。

  • アロマの香りに満たされたドーム。月の満ち欠けに合わせたアロマを用意されていて、利用した日は新月直前。「欠けていく月」をイメージした香りで、究極のデトックス。ドーム内には、リラックス効果を高める呼吸法の説明もあります。
  • 全身にボディパックができるドーム。使用するのは、DHC製品である薬用ミネラルマスク。あたたかいスチームサウナのドーム内で、マスクの浸透効果が高まるようです。シャワーで洗い流してから外に出ます。全身に塗ったミネラルマスク、見えるとことは落としきれるのですが、背面、特に二の腕の外側が落とし忘れやすいのでご注意ください。私は、近くにいた方に「まだパックが落ちていないですよ」と教えてもらって気づきました(笑)。
  • 塩の結晶により浄化された空気の中でリラックスするドーム。少し温度が低いので、ボディパックのドームでしっかりとあたたまってからのご利用をおすすめ。

明るいプールでアクティブに、暗めの照明で落ち着けるドームでリラックス。
明と暗、この2種類のスイッチをON・OFFし、相乗効果でそれぞれを深く味わう。からだのチカラが引き出されていく実感がありました。

館内で利用するバスタオルやバスローブは利用料に含まれていますし、水着レンタルも可能。

手ぶらで気軽に利用できるステキな施設でした。

杉の館

断食体験で得た一番の効果は「発想の転換」

2019年4月7日
看板

断食体験。動く気力のないときにしたこと

2019年4月5日
azukibijincha

断食体験。断食中に飲んだものと食べたもののすべて

2019年4月4日