国内最速ConoHa WINGでストレスフリーなブログ運営

「国内最速」をうたうレンタルサーバーConoHa WING。使用歴ほぼ1年になりました。ConoHa WINGの使用感をシェアします。

スポンサーリンク

月額1200円はちょっと高いかなと思ったけれど

ConoHa WINGは、ブログをWordPressに移行するタイミングで契約しました。

レンタルサーバーを価格面で見ると、ConoHa WINGは「激安」な部類ではありません。一番安いベーシックプランでも月額料金が1200円です。ほかの会社なら、千円でおつりがくるプランもいくらでもあります。

(後日追記……という記事を書いた翌日、長期割引プランが登場していました。千円でおつりがくる!!)

国内最速ConoHa WING長期割引プランに早速申し込み

2020年1月23日

だから、「最初は安いサーバーで始めて様子を見て、慣れてきたらもう価格を上げてスペックの高いサーバーに移行しよう」という考え方もありでしょう。

ただ「処理速度がブログの継続力に影響する」と考えてみたらどうでしょうか。

ConoHa WINGのウリのひとつは「国内最速」。

私のブログには1記事に平均1~3程度の画像、ごくまれに動画も紹介しています。
ネットを見ていると、読み込むスピードがゆるやか~で、なかなか目当ての画面が表示されないことがたまにあります。そんな時「あー、もういいです」と別のサイトに行ってしまうこと……私はしばしばあります。

そこで気になるのは「自分のサイトもこういう感じになってるんじゃないのか??」ということ。

ブログをアップするたびに、自分でも表示してみて確認しているのですが、ConoHa WINGにしてから「表示が遅い」と感じたことは一瞬もありません。

もちろん私は国内のすべてのサーバーを試したわけではないですが、「ConoHa WINGは国内最速!」というコピーは体感として十分納得しています。

この表示速度の速さは、ブログを読んでくださる方にとって大きなメリットです。そして、読んでくださる方が増えれば、当然ながらブログ運営のモチベーションは上がります。

サーバーレンタル代で「時間も買う」と考える

ブログを運営する側としても処理速度の速さは大きな恩恵です。

ブログ運営は「記事を書いてアップして・・・」という地道な行動の積み重ね。

書くこと自体はどうしたってそれなりに時間がかかります。だから時間とクオリティは、ある程度まで比例する。ある程度の時間をかけざるをえない。

でも、コンテンツのアップは毎回同じプロセスです。ルーティンです。
ここは、時間とクオリティが比例しないところなので、手短に済ませてしまえばよい部分。
時間をかけようが短縮しようが、成果物は同じというやつです。

つまり、そこがお金のかけどころ。
時間をお金で買うのです。

たとえば価格の安さを重視して、処理速度を妥協したとしましょう。
処理速度が確保されたサーバーと契約していれば1分で終わる作業が、3分になるかもしれません。

たかが1分2分と思いがちですが、意外にこういう毎回毎回の小さな差が、うんざり感につながるんですよね。ひいては、ブログ運営自体が嫌になってしまう可能性もあります。ブログ運営が嫌になり放置してしまい、仮に「最低利用期間1年」など期間の縛りがあったとしたら。結果的には使わないものにお金を払い続けることになります。

ちなみに、ConoHa WINGは初期費用無料。最低利用期間もないので、短期間のお試しにも好条件が整っています。

そのうえ利用開始日が月の途中でも大丈夫。使った時間の分だけ料金がかかる仕組みなので、無駄がありません。

「使った分だけ」の料金は、ベーシックプランで1時間2円です。

スポンサーリンク

「いずれブログから収益を得たい」なら

もし「いずれはブログから収益を得たい」という考えでブログに取り組むなら、上述のように少し長い目で「お金のかけどころ」を考えてみるとよいと思います。

私も移行直後は「サーバー代がペイできる日はくるんだろうか」「もっと安いところにしておけばよかったのではなかろうか」と思わない日はありませんでした。

でも、倦むことなくブログ記事をぼちぼちアップし続けていれば、記事数は自然に増えていきます。

そして、経験から断言します。
記事数とアクセス数は明らかに比例します。

さらにこれも断言します。
アクセス数増加の速度には個人差があります……。
だから、自分のペースでぼちぼちやっていけばよい。

私も「ブログ アクセス 増加」で検索して、わずかXか月で1万PV!なんていう検索結果をどれだけクリックしたかわかりません。
でも、記事を読んだだけでは自分のブログのアクセス数には何の影響も及ぼさないのです。

1つでも多くそういう記事を読むより、1つでも多く自分の記事を書くこと。
アクセス数増加に寄与するのは「読むより書く」。
そのことを、Xか月で1万PV!という記事を何十回かクリックした後に、やっと学びました。

ぼちぼち続けるために大事なことは、作業自体が嫌にならない環境を整えること。できれば、早い時期から用意してあげること。

それがどういう環境なのかは人それぞれでしょうが、私にとっては「ストレスなく作業するための処理速度」でした。
1年使ってみて、それは正解だったなと感じています。