怒りをコントロールできなくて苦しい~( ;∀;)

タロット一問一答。

タロットカードが悩みにお答えします。

今回は、「怒りをコントロールできなくて苦しい」というお悩み。

f:id:mappi88:20180518174225j:plain

回答は、【可愛く、ゆるーいタロットカード】 グミベアタロットの大アルカナ「悪魔」さんにお願いします。

では、「悪魔」さんどうぞ!

スポンサーリンク

あなたは鎖で縛りつけられています

怒らない人になりたいのですね。

いつも穏やかで、優しくて、清らかで、誰からも好かれる「素敵な人」「評判のいい人」になりたいのですね。

はっきり言いますね。

ムリです。

なぜなら、あなたは人間だから。

人間は、心をもっています。心は、コロコロ変わります。それを制御して、動かないようにしようとするのは、心の仕組みから考えて、ムリなんです。

あなたが苦しいのは、怒るからではありません。

「怒りが発生することはよくない」という考えに縛りつけられているから苦しいのです。

人間だから、色んな感情が発生するのは当たり前。

お天気でも、晴だったり雨だったりしますよね。

怒りの感情が発生するのを「いけないこと」と考えるなら、それは「雨が降ってはいけない」と必死に雨雲を吹き飛ばそうとしているようなものです。

あなたの鎖を外せるのはあなただけです

怒りの感情が湧いたら、「あ、自分は怒っているんだな」、とただありのままに認めます。

怒るなんてダメだとか、怒るなんて子どもっぽい、なんて思う必要はありません。

怒りがあることを認めると、不思議に別の感情へ変わっていきます。

「怒ることはダメなこと」と判断して、自分の中の怒りを抑えても、怒りは消えません。出口を失った怒りは、かえって暴走してしまいます。

暴走した怒りが他の人にむいたらどうなるでしょう?「すぐ怒るよね」なんて言われるかもしれません。

自分で「ダメなこと」と思っているのに、さらに他の人からダメ押しのように言われてしまう・・・怒りがパワーアップしてしまいますよね。

「怒りが発生するのはよくない」という鎖を、外してみてください。

スポンサーリンク

怒りを行動のエネルギーに変えましょう

鎖が外せたら、次は応用編です。

怒りのエネルギーは、大きな熱量を秘めています。

「怒る自分はダメ」と考えることは、自分で自分に対する評価を下げることにエネルギーを使っているのと同じ。

「怒ってもいいや」「今は怒っているんだな」と怒りを認めれば、自分で自分の評価を下げることにはなりません。

すると、エネルギーは余ります。

その余ったエネルギーを、「じゃあ、どうしようか」という次の行動に使うことができます。

「怒り」には2種類あります。ひとつは、自分の身を守るために発生する「怒り」。これは、あれこれ考えずに怒るべきもの。

そしてもうひとつは、自分への怒り。一見、他人に対して怒っているようでも、実は自分への怒りだったりすることは、結構多い。

私は何に怒っているのだろう?と掘り下げていくと、意外にカンタンにエネルギーを行動に転換できます。

例えば、自分ひとりが一切の家事をしていて、全く手伝わない家族に対する怒り。「なんで私ばっかり!」となりますよね。実は、「これやって!」とお願いできない自分に対する怒りだったりするのです。

こんな時は、「人に頼む」という行動をおこすエネルギーに変換してみてください。

鎖も外れて身軽になっているわけですから、行動に移すのもラクになってます。

折角のエネルギー、自分にオトクになるように使いましょう。