帯1グランプリ 帯だけを見て本を購入 

盛岡の「さわや書店」さんが企画された「帯1グランプリ」。

帯だけが見える状態の文庫本がずらりと並んだ「帯だけで本を買う」という新しい提案。

以前ツイッターで発見して気になっていたのですが。

 

岐阜市内の本屋で発見しましたよ、この黒い表紙に包まれた文庫本たち。

岐阜高島屋内の自由書房さんです。

このコーナーの前に立ったら、何が何でも1冊買ってみたい!という思いを止めることはできませんでした。

「せっかく書店で本を買うんだもん。ネットじゃできない買い方をしようぜ!」

いいコピーじゃないですか。「そうだね!」って迷わず同意してしまうような(←のせられやすい)。

もぉ~、どの本にしようか迷いに迷った。

情報源は、帯と、帯の背中に書いてある文庫名(「講談社文庫」とか)のみ。

それぞれの本にかけられている帯を、隅から隅まで読みました。

なんとなく「ミステリーかな」「恋愛小説?」「これは自己啓発系」などのアタリをつけながら、どれにしようかと考える。

帯に書かれた言葉からにじみ出る情報をキャッチするのは、まるでタロットカードを読み解くのと同じような面白さ。

限られた情報を手掛かりに、インスピレーションを右へ左へと広げていく・・・。

で、迷いに迷って選んだ本はこちら。

せっかく書店で本を買うんだもん

選び方も面白かったけど、選んだ本も面白かった!!

ネットでの購入履歴からはじき出される「あなたへのおすすめ」には、絶対出てこないだろうなと思う本ですね、これは。

1冊ずつ、この黒いカバーをかけて、パッキングするという手間をかけてくれた書店員さんありがとうございます。

盛岡の「さわや書店」さん、次々と楽しい企画をされている。「ヨマネホンティ」とか(笑)、イベントの名前聞くだけで笑えます。

どんなお店なんだろう。ぜひ実店舗に伺いたい。

ということで、「盛岡へ出張してタロットリーディングをし、その機会にさわや書店さんに寄る」を今年の目標にしてみました。

盛岡の方からのご依頼をお待ちしております。

 

※後日追記

この投稿を読んでくれた友人エスミさんは、

「この写真の本って、もしかして(作家名)の(書名)じゃない?」

とズバリ言い当てました。すごい。

彼女なら、帯だけで全部当てるな、きっと。