われら愉快なポーラリアン

私たちは、ひとりひとりが唯一無二の存在。

10人いれば10人のモノの見方があり、同じものを見ても感じ方は様々。

そんな価値観の違いを「だからわかりあえないんだ!」と嘆きたくなるのももっともですが、それを逆手に取ることもできるよね、ってことでこんなことをしています。

スポンサーリンク

王さま会議のすすめ

ひとりひとりの違いは、まるで国の違いのよう。

電車が1分遅れるだけで丁寧にアナウンスをする日本。

電車が遅れるのは当たり前、もちろんアナウンスなどしないイタリア。と思ってましたが、この前ナポリからローマへ行く特急に乗ったとき、定刻2分前にしれっと電車がホームを離れたのにはさすがに驚きました

笑)。

人と人も、これくらいの違いがあるのです。ということは、私たちはみな、独立した王国の王様。

お互いに干渉はしないけれど、たまに「それいいね!うちの王国でもやってみるわ」とデータを交換しあう機会をもったら、両国の発展・成長にとって有益なのではないか?

こんなコンセプトのもと、不定期で開催されるのが「王さま会議」(という名のヒルメシ会)。

f:id:mappi88:20181106215225j:plain

メンバーは「あや王」と、私「まき王」の2名。

以下は、議事録の一部です。

まき王

「この前、ホロスコープを見てもらったのじゃよ」

あや王

「ほうほう」

まき王

「生まれた時間を伝えたら、”ん~?あなたのアセンダント、かに座??違う気がする”と言われたのだ。それから色々質問された。例えば、クルマを運転していて、後ろのクルマにあおられたら、あなたはどうしますか?とか・・・」

あや王

「ちょっと待ったー!!」

まき王心の声

(おいこら、遮るな)

あや王

「それって、それって、もしかして、ミカミポーラさんでは!?」

まき王

「え!?あぁ、そうだが」

あや王

「それって、それって、もしかして、母子手帳見たら言われた通り36分だった、ってやつではないのか?」

まき王

「え!!!???なぜそれを」

あや王

「私は、そのブログを読んだのだ。そして、うわー、この人に会ってみたい、って思っていたのだ!」

まき王

「・・・目の前にいるぞ」

あや王

「し・か・も!私も、ミカミポーラさんの占星術の講座に出て、鑑定もしてもらったのだ!!」

 

☆☆☆

「母子手帳を見たら36分だった」という話はコチラ↓

西洋占星術の占い師 ミカミポーラさんに出生時刻を修正されたら・・・ 

偶然の一致。それがシンクロ

うっわ、またきたよ。おもしろシンクロ。 

ミカミポーラさんが名古屋で開催した講座に、ふたりとも参加していた。

しかし、それぞれの開催日が異なっていたのでお互いの動向は知らない。

講座から1週間後の王さま会議でそれが判明。

千人、2千人レベルのイベントなら「あ~アタシもそれ行った~!!」ってこともありえそうですけど、どちらの講座も片手で数えられるレベルの参加者数ですからね・・・。

単なる偶然でしょ?で片づけるか。

この偶然には、何か意味があるに違いない。と立ち止まるか。

ちなみに、タロットカードはこの偶然性を利用した占いです。

問いに対する答えを求めてカードをひくわけですが、それらはみんな「たまたま」開いたカードですからね。「たまたま」出たことに意味があるのだ。さて、その意味はなんなのかを探っていこう!という考え方がベース。

「誰がやっても」「いつやっても」「何度やっても」同じ結果が再現できることを科学的というならば、タロットはそれには当てはまらないものなのです。

スポンサーリンク

 ミカミポーラ氏の名前の由来について勝手に考える

そしてあや王は、「ポーラ」と言う名前について、深い考察を語り始めました。

 

ーーー「ポーラ(Polar)」は、「極地の、北(南)極の」という意味である。

おそらくミカミポーラ氏は、極地に輝く北極星として迷える羊たちの道しるべとなるべく、この名前をつけられたのであろう。

ミカミポーラ氏が、出張の際クマをお供にしておられる(氏のインスタグラムに掲載されている証拠写真はこちら)のは、北極星がこぐま座の星であるからに違いないーーー

 

そして、私が持ってきたグミベアタロットを手に取り、こう続けました。

f:id:mappi88:20181106213923j:plain

ーーーよく見たまえ。

このタロットには、まさにホッキョクグマが描かれている(注:しろいクマのこと)。我々は、ミカミポーラ氏に見守られているのだーーー

 

ははぁ~(ひれふす私)

そして我々は自分たちを「ポーラリアン」と名乗ることに勝手に決めたのでした。

この後私は、メルカリで売れた本を発送するためコンビニに寄りました。

匿名配送なので、伝票にはお互いの住所氏名は伏せられ、都道府県のみ印字されています。何の気なしに見たらミカミポーラさんの本拠地「福岡県」宛てだった(笑)。

おやまぁ、ここにもミカミ降臨!

  

ちなみに、あや王のブログはこちら

とりわけ、ソウルメイト記事は必読

あや王とだんな様のあいだに繰り広げられるシンクロエピソード。それは、今回の私たちのシンクロの次元を超えています。

これを読むと、「人間が頭であれこれ考える範囲を超えた世界の存在」について、「ははぁ~」と首を垂れるしかなくなります。ぜひご一読を。