響きのいい声を出すコツ 声量のあるお坊さんに聞きました

私は、ひそかに近所のお寺のご住職のファンです。

もう少し正確に言うと、このご住職の声のファンです。

もちろん、お人柄も良くて素敵なんですが、何はともあれ声が素敵。

とにかく、ものすごく響く。お経を読んでもらうとすごいことになります。

ご住職曰く「この部屋の障子のおかげでエコーがかかってるんですよ、アッハッハ」とのことですが。いや、障子は関係なさそうだ。

響く声の秘訣は?と聞いてみたら、その答えは「ラクに出すこと」でした。

スポンサーリンク

心がけているのは「ラクに声を出すこと」

お経といえば、長い、眠い、足がしびれる・・・としか思わなかったのですが、聞いていて癒されるお経があるとは。

このお経は神がかっています…じゃない、仏がかっています。

ということで、思わず聞いてみました。

「癒されます!!ありがとうございました。こういう声を出されるために、何か心掛けていらっしゃることってあるんですか?」

ご住職

「そうですね、ラクに出すことは意識してますね。そうすると、ハラから声が出ます」

「今、息子が修行中なんです。お経を読むのを聴いていると、うまく読もう、かっこよく読もうとしているのが伝わってくる(笑)。うまくやろうと思いすぎると、喉に力が入るんですね。結果、絞り出すような無理のある声になる。聞いている側も苦しい。喉をゆるめておなかから出せば、楽なんですけどね~」

「なるほど、ご本人のラクな気持ちが、声を通じて伝わる。だからこちらも癒されるのかもしれませんね」

ご住職

「ワハハ、まぁ、そんな大げさなものではないですよ。まぁ、自分がラクしたいだけです(笑)。あ、知ってます?「大げさ」って仏教用語なんですよ。大袈裟って書くでしょ。大きな袈裟という意味なんです」

「ほうほう、なるほど。確かに、お経を読まれる声にひたっていると、大きな袈裟に包まれているような安心感がありました~」

ご住職「またそんな、大げさな・・・」

ラクなことには価値がない??

私たちは、

「ラクなことはカンタンにできる。カンタンにできることは価値がない」

「ある程度の苦労をしてこそ、意味がある」と思いがちです。

でも、お経のエピソードで考えてみると。

喉に力をいれて一生懸命に声を絞り出す「苦労」をすると、喉を傷めるかもしれない。聞いているほうもちょっとモゾモゾする。

何より、自分がちょっと窮屈。

ラクに声を出そう~!と思って、ラクに声が出せる姿勢、呼吸の仕方など、ひとつひとつ「ラク」を積み上げていけば、喉もラク。

聞いているほうも心地いい。

何より、自分がラク。

・・・もし、「今の自分は前者だ!」と思ったら。

「わ~お疲れさま!よくやった、OK、OK」と自分をきちんとねぎらい、とりあえず一服しましょう。

だって、ほんとうによくやっているのだから。

そうすると、「そういや、ラクな方を選ぶという選択肢も用意されているのだったね」ということに気づく余裕が生まれます。

ラクを選んでいいのだ!