どん底から這い上がる方法

f:id:mappi88:20180603155846j:plain

スポンサーリンク

どん底になったときにすること

答えの一つは、「何もしない」です 

本日は、「すべては常に変化し波がある」ことをイメージしていただくために、為替のチャートをご用意しました。図をご覧ください。

さて、あなたは相場の上昇を期待しているとします。今は、白丸の少し左側にいると想定してください。

なぜか、ぐいぐい下がっていく相場。

「これ、いつ下げ止まるんだろう・・・」と思います。

不安になります。

何とかしたくなります。

膨らんでいく損失を計算してはため息、計算してはため息の繰り返し(笑)。

相場の行方が見えない。なにひとつはっきりしていません。

しかし、はっきりしていることもあります。

「かならず底がある」ということです。 

底が「いつなのか」はわからない

底を打って初めて、「これが底だった」とわかるのですが、事前にいつくるのかを100%確実に予測することは難しい。

そもそも「いつくるか」がわからないものなのに、一生懸命当てようとすると疲れます。

しかし、「いつかは底をうつ」ことがわかっていれば、「だから、今は何もしない」という選択をすることもできます。気持ちのふらふらも和らぎます。

ここで無駄なエネルギーを消耗することがなければ、底を打った後に、エネルギーを備えておくことができます。

一方、底を打つことがあるのですから、天井も当然あります。

図の黄色い丸が天井。でも、「あれが天井だったのか」と、これも終わってみてわかることです。

スポンサーリンク

天井も底も、次から次へとやってくる

「上昇し続ける」こともないけれど「下降しかない」ということも絶対になくて、いつもふらふらと上下するのが本来の姿。

大なり小なり、天井も底も、次から次へとやってきます。

一回限りということはありません。

海と同じく、寄せては返し、寄せては返しを繰り返しながら、満潮があり干潮がある。

全てはこの波のような動き。

気持ちが落ち込むときも、ごく自然な姿の一瞬を切り取っただけのこと。

次の波を何もしないでの~んびりと待つ、休んでみる、のも選択肢のひとつです。

とはいえ、FXについては、の~んびりと待つよりも「早目の損切り」が正解だなと感じることが多いのですが・・・。

「図太さ」を身に着けるには自分のリズムをもつこと

2019年3月4日