「TAROT DEL FUEGO」炎のタロット

デパートをふらっと歩いていて、タロットカードの棚に出くわしました。本屋やホビーショップでは、たまに「世界のトランプ・カード展」というイベントをやっているんですよね。世界中の色々なカードが数多く並びます。

そこでついつい衝動買いしたタロットカードのご紹介です。

スポンサーリンク

見るだけでアツくなるような「炎のタロット」

どのカードもきれいなのですが、ひときわカラフルなケースに目が留まり、手にとってみました。

f:id:mappi88:20180427184129j:plain

サンプルが見られるファイルをめくっていくと・・・。

どのカードも超カラフル!超楽しそう!大胆な色づかいに引き込まれました。

スペインの若手アーティスト作成のタロットです。

FUEGOは、スペイン語で「火」という意味。

その名の通り、どのカードも燃えてます。

しかも、やたらに「目」が描かれている。

f:id:mappi88:20180427184229j:plain

 障子に目があるのは知ってましたが、塔にもこんなに目があったとは!!!

Ricardo Cavoloがデザイン

このタロットカードをデザインしたのは、スペインのバルセロナを拠点に活動するRicardo Cavolo。1982年生まれのアーティスト。

バルセロナと言えば、陽光降り注ぐ光の地。

だからこそ、のカラフルさなんでしょうか。ガウディやミロなんていう芸術家の名前も思い浮かぶ地名です。

彼の作品は、フォークロア、伝統的なヨーロッパの宗教イメージなどの要素を取り込んだスタイル。

ロンドンやモスクワなど、世界の公共施設の壁も飾っているんですって。こんな作品が描かれた施設、見るからに楽しそう。(公式ホームページで作品が見られます)

とにかく見てるだけで気分が盛り上がり、即買いました。これ、カードを眺めているだけで気分上昇間違いなし。

「太陽」はただでさえ熱いのに、さらに温度が上がる

このカードを買った後しばらくしてからのこと。

旅行先のカナダでスターバックスに入りました。

なんと、その店には、このRicardo Cavoloのイラストのタンブラーが売っていたのです!

あ、これタロットの人だ!!と叫んでしまいました(タンブラーは買いませんでした)。

そのうち日本でもブレイクするかも??この色遣いと破天荒なイラストは、日本にこそ必要なんではなかろうか。

海外のサイトでルノルマンカード購入。日本のamazonの方が安かった

2017年12月5日

タロットが楽しくなる「グミベアタロットカード」

2018年8月5日