そういえば宝くじが当たっていた話

ドル

これまでに宝くじを買ったことは数えるほど。300円以外当たったことはありません。

しかし、過去最高額を当てました。

スポンサーリンク

宝くじ当たる 過去最高額3000円

黄身がふたつある卵をみたので珍しく宝くじを買ったら、当たったのです。6等3000円が!!!

10枚連番で買ったので、7等300円と合わせて3300円。6等と7等のダブル当選です。

当たり前すぎるくらい当たり前なのですが、「買わないと当たらないもんだな」と実感しました。種をまかずに実だけいただくというのはないんだな、と。

ま、「買えば当たるんだな」と言えないところがアレなんですけれども。宝くじに関して言えば種をまいても実がならないことのほうが多いなぁとついつい思ってしまうんですけれども。

でも、宝くじを購入したお金が自治体に入って、まわりまわって家の前の道路がきれいになった(のかもしれない)と思えば「実がならないことのほうが多い」わけではありません。

自分の手から離れた先でお金がどのように回っているかを考えたら、必ず何かの形で返ってきているはず。お金に限らずエネルギーというのはすべてそうやって循環しているものです。

ちなみに、本当の高額当選の場合、宝くじ売り場では当せん金を受け取れず銀行での手続きが必要です(3000円は、自分史上最高なだけで、一般的には高額ではない)。

実は二黄卵のことは忘れていた

今から思えば、これは「二黄卵」効果ですね。

黄身がふたつあるなんて珍しい卵だなと調べてみたら「なかなかお目にかからないからラッキーのサイン」と書いてあるサイトを多数見つけたのです。それじゃあ普段買わない宝くじでも買うか~、という軽いノリで宝くじを買ったのでした。

が、買った後は宝くじのことも二黄卵のことも、すっかり忘れていました

たまご
アタシのこと、忘れないで・・・

宝くじが当たった人の話では、「軽いノリ」で買った人ほど当たるとか。

「絶対当てるぞ~」と当てる気マンマンだと、重いエネルギーになっちゃうんでしょうかね。

買う時に、「当たったら嬉しいな♪」とウキウキして、あとは買ったことを忘れるくらいがいいらしい。

なんでもそうですけど、執着しないことがポイント。

いつもと違うことが起きたら、普段買わないものを買ってみたり、新しいことにチャレンジしてみたら?というサインです。

新しい世界が広がることが、開運へのカギ☆

ところで、銀行でしか手続きできない金額を当てるには二黄卵をいくつ食べればいいのかしらw。

たまご

黄身が二つある卵はラッキー!?

2017年12月17日