タロットで時期を表すと?誕生日に対応する小アルカナ

タロットカードで「生まれた日を小アルカナに対応させる」考え方のシェアです。ずばり誕生日と対応させてもよいし、出たカードから時期を考えるのにもよいかも。

スポンサーリンク

あなたの誕生日の小アルカナはこれ!

まずは一覧表をどうぞ。スマホからご覧になる場合は、表を横スクロールしてください。

牡羊座 3月21日ー3月30日 ワンドの2
3月31日ー4月10日 ワンドの3
4月11日ー4月20日 ワンドの4
牡牛座 4月21日-4月30日 ペンタクルの5
5月1日ー5月10日 ペンタクルの6
5月11日ー5月20日 ペンタクルの7
双子座 5月21日ー5月31日 ソードの8
6月1日ー6月10日 ソードの9
6月11日ー6月20日 ソードの10
蟹座 6月21日ー7月1日 カップの2
7月2日ー7月11日 カップの3
7月12日ー7月21日 カップの4
獅子座 7月22日ー8月1日 ワンドの5
8月2日ー8月11日 ワンドの6
8月12日ー8月22日 ワンドの7
乙女座 8月23日ー9月1日 ペンタクルの8
9月2日ー9月11日 ペンタクルの9
9月12日ー9月22日 ペンタクルの10
天秤座 9月23日ー10月2日 ソードの2
10月3日ー10月12日 ソードの3
10月13日ー10月22日 ソードの4
蠍座 10月23日ー11月1日 カップの5
11月2日ー12日 カップの6
11月13日ー22日 カップの7
射手座 11月23日ー12月2日 ワンドの8
12月3日ー12月12日 ワンドの9
12月13日ー12月21日 ワンドの10
山羊座 12月22日ー12月30日 ペンタクルの2
12月31日ー1月9日 ペンタクルの3
1月10日ー1月19日 ペンタクルの4
水瓶座 1月20日ー1月29日 ソードの5
1月30日ー2月8日 ソードの6
2月9日ー2月18日 ソードの7
魚座 2月19日ー2月29日 カップの8
3月1日ー3月10日 カップの9
3月11日ー3月20日 カップの10
タロット

誕生日に対応したカードから、自分について掘り下げてみてもよいですね。

図柄から受けた印象から掘り下げるもよし。後述する「星座」と「数」が伝えてくれるメッセージを参考にするもよし。

自分に潜っていくアプローチとして使ってみると面白そうです。

表の出典はこちら。とても充実した本で愛読書なのですが、現在は絶版のようです。中古で手に入ればラッキーという感じ。

星座とタロットのソートとの対応

星座は、「火・地・風・水」の4つのエレメント(元素)に分類できます。

〇火:牡羊座・獅子座・射手座

〇地:牡牛座・乙女座・山羊座

〇風:双子座・天秤座・水瓶座

〇水:蟹座・蠍座・魚座

この4つのエレメントは、タロットカードのソートとも対応しています。

小アルカナ
左からワンド・ペンタクル・ソード・カップ

〇火:ワンド

〇地:ペンタクル

〇風:ソード

〇水:カップ

星座に、それぞれを象徴するタロットカードの小アルカナを対応させます。

エレメント星座ソート
牡羊座・獅子座・射手座ワンド
牡牛座・乙女座・山羊座ペンタクル
双子座・天秤座・水瓶座ソード
蟹座・蠍座・魚座カップ

たとえば、山羊座ならエレメントは「地」。タロットカードでは「ペンタクル」に象徴されるということになります。

スポンサーリンク

星座と数字との対応

数

根拠になっているのは、「12の星座はバラバラなものではなく、らせん状に連なっている輪のようなもの」とする考え方。

「自分は牡羊座だから、魚座とは関係ない」わけではありません。人はそれぞれの星座に象徴される経験を味わいながら、次々と移動し、サイクルを重ねていく。それぞれの星座には、その時期に体験することが割り当てられています。

赤ちゃんのような何もない状態からスタートする12の星座は、次の4つのステップを経て完成に近づきます。

牡羊座から双子座までは「個」を育成するステップ。

蟹座から乙女座までは、「個」に人間性を付加するステップ。

次は天秤座から射手座は「社会性」を育成するステップ。

そして、山羊座から魚座は、これまでの経験を総合的に完成させるステップ。

ひとつのステップの中で、徐々に経験値を上げていくわけです。入門・初心者から、有段者になって師範でアガリ。師範になったら、次のステップの入門から始めて、また師範へと進んでいく。

最初のステップの「個人の育成」を2から10まで経験したら、次のステップである「人間性や情操の育成」を2からスタートさせて10まで経験する。という具合に、各ステップを2から10まで分割しています。

個人の育成 個人の育成

牡羊座

牡牛座

双子座

2・3・4

5・6・7

8・9・10

人間性や情操の育成

蟹座

獅子座

乙女座

2・3・4

5・6・7

8・9・10

社会性の育成 社会的人格の育成

天秤座

蠍座

射手座

2・3・4

5・6・7

8・9・10

総合的な完成

山羊座

水瓶座

魚座

2・3・4

5・6・7

8・9・10

最初に見た表は、各星座をおよそ10日ごとに区分し、それぞれにソートと数字を当てはめています。

たとえば、7月7日。蟹座です。

蟹座の期間を3つに分けると、6月下旬・7月上旬・7月中旬。7月7日は7月上旬。ちょうど真ん中です。

蟹座に割り当てられている数字と対応させると、6月下旬は「2」、7月上旬は「3」、7月中旬は「4」。

7月7日に対応する数字は「3」になります。

個人を育成する期間(牡羊座~乙女座)を前後半にわけると、蟹座は後半のトップバッター。人間性や情操を育成し始めたところといった感じでしょうか。

時期を見るというのは、いろいろな示し方があります。

とっさに頭に浮かぶのは、「X 週間後」とか「Z月」という示し方。

このほかに「~という時期」という示し方もありますね。「種まきの時期」「収穫の時期」のように「その時期に適切なふるまい」の示唆。

先頭の表で後者のような使い方をするなら、たとえばワンドの小さい数(2・3・4)が出たら「『個』育成するステップにある」などというように応用できそうです。

「時期」つながりで、小アルカナと季節の対応についての記事はこちら。

タロット

タロットで季節を表すと

2020年1月23日

参考にした本