黄身が二つある卵はラッキー!?

これまでの人生で無数の卵を割ってきましたが、とても珍しい卵に出会いました。

黄身がふたつあるんです。

 

スポンサーリンク

とってもレアな二黄卵(におうらん)

f:id:mappi88:20171217160744j:plain

ひとつの卵の中に、黄身がふたつ。

ごくごく普通のスーパー(の安売り)で買った、ごくごく普通の白い殻の卵です。

写真には黄身が3つ写っていますが、割った卵は3つではなくふたつ。

上は、ひとつの卵にひとつの黄身の卵。

下は、ひとつの卵にふたつの黄身が入っている双子ちゃん。

黄身がふたつある卵は、二黄卵(におうらん)と呼ばれています。

産卵しはじめたばかりで、排卵のリズムが整っていない若鶏に見られる現象とのこと。

その希少性から「奇跡の卵」と言われているそうな・・・。

産卵された卵の1%の確率だというから、確かに「希少」ですね。

こんな卵が存在することすら知りませんでしたが、調べてみたらなんと!

二黄卵専門店を発見したのです。

二黄卵専門店があった!

それは、埼玉県の「愛たまご」さん。

二黄卵の20個セットが販売されているのです。

注意点として、「二黄卵は外見で判断しており、時には黄身が1つの場合があります。ご了承ください」とのこと。

それをカバーするために、こんなご配慮が。

商品は20個入りですが、「二黄卵でない場合や破損の保証を考えて15個のお値段で提供しております。(※5個はオマケです)」。

オマケの5個も二黄卵だったら、ラッキー倍増です。

二黄卵かどうかは、プロの目で見るとわかるんですね。

20個入りで1,620円(+送料)なので、自宅で毎日使う卵としてはちょっと割高。

でも、珍しい物好きの方へのプレゼントなんかにはピッタリかも。

イースターあたりにオムレツパーティでも開いて、みんなの前で片っ端から卵を割るっていうのも楽しそうです。

レアな二黄卵を体験した幸福感、みんなでシェアすればエネルギー倍増。

オムレツは大量に卵を使うので、数人集まれば20個くらい一気に消費できます。

二黄卵代金を頭割りすれば、1人当たりコーヒー1杯分。

その値段で楽しめるなら、全然アリではなかろうか。

スポンサーリンク

ツイてるサイン!だったのか?

私は何も考えずに一番上にあったパックを手に取っただけなので、「奇跡!」感が半端ないです。

これはツイてる証拠だと確信したので、宝くじまで買ってしまいました。

後日の、年末ジャンボの結果はこちら。

たまご

そういえば宝くじが当たっていた話

2018年2月23日