ズバリ言わないタロット占い

あなたの未来をズバリと言うのはあなたです。タロットカードじゃありませ~ん

「自分に優しくする」って、どーやるの?  その5

「自分に優しくする」って、どーやるの? その5です。

 

ーーーーーーーーーー 

【その1のまとめ】

「自分に優しくする」とは自分にとって「ラクな状態」を作り出すことだと決めてしまおう。

「ラクな状態」というのは、リラックスして力が抜けている状態。こういう状態になることで、私たちは本来の力を出しやすくなるのです。

その1の記事はコチラ

 

【その2のまとめ】

じゃあその「ラクな状態」を作り出すためにはどーするの?

それには「ラクな考え方を選ぶ」こと。考え方は自動的に出てくる、だから変えられないと思いがちですが、それはクセのようなもの。違う考え方を自分で選ぶことができます。

クセを1回で変えてしまおうとする必要はありません。

まずは「あ、クセが出ているな」と気づくところから。そして、自動的に出てきた考え方を一回脇に置いて、自分をラクにする別の考え方を選ぶといいですよ!

その2の記事はコチラ

 

【その3のまとめ】

「ラクな考え方」のガイドライン的なものは、これだ!

1)その考えは、明らかに事実に基づいている?
2)その考えは、命や健康を守るのに役立つ?
3)その考えは、夢や希望を叶えてくれる?
4)その考えは、悩みを解決してくれる?
5)それを考えている時、よい気分になる?
自動的に出てきた考え方を、この5項目に当てはまっているかどうかチェック!

NOが多ければそれは「自分をラクにする考え方」ではありません。書き換えちゃいましょう。

その3の記事はコチラ

 

【その4のまとめ】

私が抱える悩みについて、この5項目が当てはまっているかどうかを実際に検証してみました。

その4の記事はコチラ

ーーーーーー

 

それではその5。

引き続き、心理療法家の玉田まゆ子さんをお相手におしゃべりしてみます。

 

イチゴのデザート

 

私:

ほんとうは、新幹線で窓際の席に座りたい。でも、トイレに行くために「通してください」と隣の席の人にお願いすると「相手を必ず不快にさせる」ので、窓際は諦めている。

その4(記事はコチラ )で、こんな私のお悩みについて「この考え方は、私をラクにするのか?」を、5つのチェック項目について考えてみたら・・・

 

玉田さん:

5つとも、全部NOでしたね。


私:
はい、見事に。

振り返ってみると、めんどくさそうな顔されることはあったかもしれないけど、「いやだ。通さない!」と言われた経験はないんですよね。

 

玉田さん:

私もないです。

 

私:

相手がめんどくさそうな雰囲気を漂わせると、そうさせた自分に「勝手に」罪の意識を感じ、自分で自分を居心地悪くしていたのかもしれません。

 

玉田さん:

「めんどくさそう」というのも、あくまでもこちらの推測ですからね。

 

私:

デフォルトがそういう表情の方かもしれないし。

 

玉田さん:

本人的には、精一杯の微笑だったりすることもある。

 

私:

だから、「譲るなら、私にもはっきりわかるように微笑んで!私が私を責めずにすむように、微笑みながら譲って!」と期待するのって、ものすごくオプションを追加していたのだな、と。

 

玉田さん:

オプションだということに気づくのは大きな進歩。

オプションを全部白紙にして、本来のシンプルな目的に立ち返るチャンスです!

 

私:

本来の目的は「通してください」。それだけですもんね。

「窓際に座りたいけど、もろもろ面倒なのでガマンする」。

ガマンした方が簡単だから。

でも、こういう「小さなガマン」って、知らないうちに積み重なるんですよね。

だから、小さなことを、そのつどクリアにしていくことが大事なんだろうなぁ。

 

玉田さん:

そのとおり!

自分がラクになる考え方を採用するトレーニングは、こういう小さなことから始めるのがいいですよ。
ピアノの初心者がいきなり超絶技巧の名曲に挑むのは無理でしょ?

 

私:

トレーニングなんだから「優しくできるところから」は鉄則ですね。

いきなり難しいことから始めると一瞬でイヤになります。

 

玉田さん:

そうそう。だから、「ラクな考え方に変えるんだ!」と気合をいれすぎなくても大丈夫。まずは「お試し」してみればいいんです。

ほら、スーパーでやってる試食。味がいまいちだったら買わないでしょう?

でも、試食してみないと好みの味かどうかはわからない。

ちょっと試してみて、「なんか違うな」と感じたら、それ以上やらなくていいんです。

 

私:

なるほど!

何かを始める時って、どうしても気合が入ってしまうけれど、面白くなかったらやーめよ、くらいでちょうどいいのか。

 

玉田さん:

まさにそれが、「自分がラクになる考え方」。

 

私:

気楽に気楽に。

それが、「自分に優しく」ってことですね。

玉田さん、おつきあいいただきありがとうございました。

  

☆☆☆

占い師Makikoによる気楽なタロットリーディングをご希望の方はこちらから。

対面またはZOOM音声通話をお選びいただけます。

「ズバリ言わないタロット占い」タロットリーディング申し込みページ

 

カフェなどでタロットイベントしたい!などなど、各種ご相談に応じます。メールフォームからお問い合わせください。
メールフォーム