ズバリ言わないタロット占い

あなたの未来をズバリと言うのはあなたです。タロットカードじゃありませ~ん

見えているものを「ある」と意識してみよう

 

タロット小アルカナのペンタクル

 

このイラストを見て、どれだけの言葉を連想できるでしょうか。制限時間は60秒。

それではよーいスタート。

 

私がリアルにやってみた結果はこちら。

 

金貨、コイン、星、黄色、丸、影、五芒星、一筆書き、黄土色、ゴールド、お金、円、輝く、光る、ピカピカ、裏表、時、手書き、曲線、丸み、硬貨

 

これら21個の言葉を「イラストに描かれていること・いないこと」のふたつに分類してみます。

 

まずは、「描かれていること」。似た者同士をグループにしてみました。

金貨・コイン・お金・硬貨

星・五芒星・一筆書き

黄色・黄土色・ゴールド

丸・円・曲線・丸み

手書き

輝く・光る・ピカピカ(ん?光ってるのか??と思わなくもないですが、まぁこっちのグループに入れておきます)

 

「描かれていないこと」

裏表・・・コインからの連想。イラストに描かれているのは片面だけですが、必ず両面がありますよね。

時・・・お金からの連想。タイム・イズ・マネー!

 

圧倒的に、イラストに描かれていることの方が多い。

この小さなイラストひとつの中に、多くのものが見えるわけです。

 

なのに、私たちは意外に「見ていない」。「気づいていない」。「見落としている」。

 

例えば、60秒では思いつきませんでしたが、ゆっくり見直してみると、星の中には「三角形」と「五角形」があった~!

手書きの線だから、「ゆがみ」とか「でこぼこ」もありますね。

「影」という言葉は出たけど、「黒」は出てないわ。

などなど。

 

それにしても、コイン一枚のイラストでさえ「見えていない」ものがあるのですから、人やら物やらがあれこれ描き込まれたカードでやったら、どうなることでしょう。

例えばこんなカード・・・。

 

タロットカードの女帝

 

見えるものを「ある」と認識できているか。

これは、タロットカードに限った話ではありません。

身の回りのもの・ひと・ことについても同じです。

 

試しに、カバンの中に入っているものを全部出して「財布がある」「名刺入れがある」「鍵がある」「ペンがある」「タケコプターがある」と片っ端から数えていったら、いかに「ある」であふれているか実感できるはず。

 

ついつい「ない」に目が向いてしまうのが人間なのだけれども。

1日に1回くらいは、「ある」を意識してみるのもよいのではなかろうか。

 

 

冒頭で唐突に表れたイラストについて。

タロットカードで「物質」「五感」「現実」を象徴する、「ペンタクル」と呼ばれる絵柄です。

「タロットカード買ってみたけど、なかなか言葉が思い浮かばなくてお蔵入りになってる」なんていうあなた。

こんなふうに、まずは「カードに描かれていること」を片っ端からメモしていくのもいいですよ。意外なところにウサギがいたり、舟が浮かんでいたりしてオモシロイです(笑)。

 

☆☆☆現状を変えたい、思考を整理したい時のタロットリーディング

「どうしよう?」を「こうしよう!」に変えましょう!

 

タロットリーディングのお申し込みはこちらから。

対面またはZOOM音声通話をお選びいただけます。 

「ズバリ言わないタロット占い」タロットリーディング申し込みページ

 

☆☆☆カフェなどでタロットイベントしたい!

各種ご相談に応じます。メールフォームからお問い合わせください。
メールフォーム

 

☆☆☆