ズバリ言わないタロット占い

あなたの未来をズバリと言うのはあなたです。タロットカードじゃありませ~ん

伊勢の名物 赤福餅は ええじゃないか

初詣に伊勢神宮へ出かけ、赤福本店で赤福をいただきました。

f:id:mappi88:20190108221917j:plain

お盆で運ばれる温かいお茶と赤福。

 

天気のいい日でしたが、そうは言っても1月の寒さ。

温かいお茶をいただくとほっとします。

 

こちらで提供されるお茶は、三重県産の伊勢茶。

香ばしい香りがたまらない!と歓喜に震えておりましたら、有機栽培で育てられたお茶を特別にブレンドされたものだとか。

赤福の控えめな甘さとよく合うのも納得。

 

「お茶のおかわりいかがですか」と店員さんがこまめに回ってくださるのも嬉しい。

店員さんは、ひとりの例外もなく感じのいい方ばかりであります。

 

 

株式会社赤福のホームページによれば、創業は1707年ですから300年以上前。

江戸時代、遠路はるばるお伊勢参りにやってきた人々も、お参りをすませてここでほっと一息ついたのかぁ。

 

などと思いを馳せていたら、「今ここで赤福を食べていること」への満足感&ありがさがあふれ(私は赤福が大好きなので)、なにやら大変おおらかなキモチになりました。

やはり、自分の好きなもので自分を満たすことは大事ですね。

このイートイン赤福、2粒お茶付きで210円ですから決して高価なものではありません。

MIKIMOTOのお膝元・鳥羽が近いこともあって、立ち並ぶ商店のなかには真珠のアクセサリーショップもたくさんあるのですが、私にとっては21万円の真珠よりも210円の赤福の方が満足度が高い。

自分が満足するもの・好きなもの。値段とはあまり関係ないのだな。

 

さて、赤福を食べて至福になり、ふと思い出したのが赤福のキャラクター「赤太郎」。

この赤太郎は、江戸時代の旅人風キャラです。

昔、テレビCMが流れていました。その時の懐かしのCMソング。

 

♩ええじゃないか ええじゃないか ええじゃないか

伊勢の名物 赤福餅は ええじゃないか♩

 

ええじゃないか。

なんといい言葉でしょうか。おおらかさそのもの。

 

みなさん。

何かあったら、そのあとに「ええじゃないか」をつけましょう。

すると、自動的におおらかになります。

 

例えばこんな感じね。

 

ケンカした。ええじゃないか。

カラスうるさい。ええじゃないか。

モヤッとする。ええじゃないか。

おみくじ凶。ええじゃないか。

 

赤福うまい。ええじゃないか。

宝くじ当たった。ええじゃないか。

とかね。

お試しください。

 

ちなみに、赤福のホームページに載っている赤太郎のプロフィール。

名前:赤太郎

身長:155cm

体重:70kg

足のサイズ:27.5cm

性格:明朗、情け深い、ドジ

 

「ドジ」って・・・かわいすぎるわ。

タロットカードで言うとカップのペイジかな。

ドジ。ええじゃないか。