ズバリ言わないタロット占い

あなたの未来をズバリと言うのはあなたです。タロットカードじゃありませ~ん

寄せ植えをやらない理由は、こうして消えた

近所に、「プロ?」と思うくらい見事な寄せ植えが絶えない家があります。

 

その家の前を通るたび、私もああいう寄せ植えを作ってみたいな~と思っていたのですが、「難しそう」「めんどくさそう」「花の知識がないから何を植えていいのかわからない」という「やらない理由」を探し出し、なかなかブレーキが外せないでいました。

 

ある日、友人宅へ遊びに行ったら「寄せ植えやってみたの~。見る?」と言って、庭先に案内してくれました。

わぁ!私もちょうど寄せ植えしてみたいと思っていたの~!と盛り上がる。

そして、見せてもらった私の感想。

 

「・・・あ、これでいいのか」

 

私がいつも見ているのは、近所のプロ級の寄せ植え。

大きさや色が違う植物が、絶妙のバランスで配置されているのです。

見るからに華やかで、とにかくオシャレ。

 

友人の初寄せ植えは、なんというのでしょうか・・・、独特のバランス感覚でポツンポツンと植物が配置された、非常に風通しがよさそうなシンプルなものでした。

 

しかし、ここで私の寄せ植えに対するハードルは一気に下がった!

 

これならできる。

やろう。

 

そして、その足で園芸店へGO!

 

白くてすっと伸びる姿が美しい、リナリア(姫金魚草)。

グッピーシリーズ、だそうです。

「グッピー?面白い名前w」と、名前につられて買いました。

 

ピンクの花がちらちら咲き始めているのが、バーベナ。

別名、美女桜。いい名前だ。

あ、ここでも名前につられているw

 

そしてハツユキカズラ。

ピンクや白がまざった葉がきれい。

 

この3種を手持ちの鉢に植えてみたのが、コチラの写真。

  

f:id:mappi88:20180414103534j:image

 

 

そして約3週間後。

次々と花が咲いてきました。 

 

f:id:mappi88:20180414103501j:image

 

あら?できたよ。

簡単に。

 

植物というのは、花が咲き、葉が増え、茎が伸びる。

最初に植えた状態から刻々と変化する。

だから、「テキトウでいいんだな」ということがよくわかりました。

友人の風通しのよさそうな寄せ植えも、今頃はきっとちがった趣になっていることでしょう。

 

近所で見かける、プロ級のかっちょいい寄せ植えを作らねば!と思っていたら、いつまでたってもやらなかった。

友人の初寄せ植えを見たからこそ、これでいいんだ~と思ってやってみることができた。

 

「難しそう」と思っていたけど、全く難しくなかった。

「めんどくさそう」と思っていたけど、苗を買って、鉢に植え替えるだけ。

植え替えの所要時間10分。

必要な道具は鉢、土、スコップ。

なんなら、スコップはなくても手でできるレベル。

「花の知識がないから何を植えていいのかわからない」と思っていたけど、名前で選んだ花で十分楽しめる。

 

何でも「やるかやらないかだけの話」、ってのは本当です。

ハードルを下げてくれた友人に感謝。

 

 

★★

ハードルを低くしてみたその他の事例

一打入魂 ギターを1日1回だけジャンと鳴らす話