ズバリ言わないタロット占い

あなたの未来をズバリと言うのはあなたです。タロットカードじゃありませ~ん

タロットカードの「世界」ってラッキーカード?本当ですか?

f:id:mappi88:20181008204129j:plain

「タロットについて」というお題で、1時間ほどお話をさせていただく機会がありました。

 

来てくださったのは、「タロットって何?」という方から、実際に何度も占ってもらったことがある方まで様々。

 

「タロットって、こんな起源なんですよ~」

「タロットって、こんなに種類があるんですよ~」

「読み取り方は様々ですけど、一例としてこんなふうにやってます~」

「日々の生活にタロットマインドを活かしてみてね~」

なんていう感じで1時間あっという間に終わってしまいました。

 

自分にとって「タロットで何ができるのか?」「タロットで何をしたいのか」が改めてクリアになって、ほんとにありがたい機会でした。

 

で、その時にいただいた質問がとっても印象深かった!!

 

私は「世界」のカードをスライドに映しながら、話をこう締めくくりました。

「タロットカードの大アルカナにある「世界」のカードは、78枚の中で最高のラッキーカード!このカードのメッセージを贈ります。お越しいただいたみなさんに、最高のラッキーが訪れますように」

 

これを受けて、こんなご質問をいただいたのです。

 

タロさん(仮名)

「今までのお話を聞いていると、タロットは統計とは何の関係もないんですね」

 

「関係ありません。おそらく「統計と関係ある」というのは、西洋占星術や四柱推命などをイメージしていらっしゃるのですよね。タロットは、ある瞬間の偶然を利用する占いなので、統計とは全く関係ないものです」

 

タロさん(仮名)

「であれば、世界のカードが「最高のラッキーカード」というのは、何を根拠におっしゃっているのですか?例えば、過去に「世界」のカードを引いた人が1万人いるとして、その99%が幸せになったという統計的な裏付けがあるのなら、それは確かに最高のラッキーカードと言えると思うのですが」

 

「なるほど!これはただ、「世界」のカードはこう読もうね、と何となく決めているだけなので、そういう「裏付け」とか「根拠」と言われると確かになんにもないですね~あはは」

 

この質問って、とっても示唆に富んでいると思いました。

 

例えば、正方形を対角線で折って糊付けしたスピードくじがあるとします。

中には、「松」「竹」「梅」の3種類どれかのイラスト。

さぁ、どのイラストだったらどんなキモチになりますか?

「松」の絵だったらラッキー!

「竹」だったらまぁまぁ。

「梅」・・・うーん、プラマイゼロ。

って感じでしょうか。

 

でも、「松」がラッキーって、単なる決めごとですよね。

誰が決めたのかすらも不明。

しかも、「松=縁起がいい」って、外国人もそう思うんですかね?

少なくとも私たち日本人は、「松はメデタイ」という刷り込みがあるので、まぁ松をみると悪い気はしない。メニューも大体は松が一番高いですし。

 

でも、「松」の人が「梅」の人よりもラッキーだったのかと言われると、これまた「統計的に」追跡しているわけではないので、わかりません。

もしかしたら、そういうデータを収集している人がいるかもしれませんが。

 

「松」とか「梅」とか、単なる植物です。

でも、「葉が一年を通じて緑」という松の特性に焦点をあてて、健康や長寿の象徴=メデタイとしているわけです。

しかしこれを、「葉が針のようにとがっている」という松の特性に焦点をあてていたらどうだったでしょう。「近寄るなキケン」の象徴とすることも可能です。

「機嫌が悪い時は松の葉のマークを額に貼ること」なんていうルールができていたかもしれません。同じ松の葉なのに、注目する先を色にするか形にするかでこんなに違う。

 

と考えると、好きなように意味づけをして楽しんでいるだけのハナシとも言えます。

松でもカードでも。なんなら、普段の生活に起こる出来事も。

 

昔、美術館で、江戸時代に使われていた古伊万里の食器を大量に見たことがあります。

松をはじめ、「縁起がいい」とされているモチーフがこれでもかと言わんばかりに描かれていました。

 

食器を使うたびに、ちょっとでもいい気分になるように。

あ、何かいいことあるかも?と思えるように。

 

そんな人間の知恵と工夫が伝わってきて、私はじーんとしました。

こうやって、自分の気分を上げる工夫を地道に地道にやっている人間。

けなげです。愛おしいです。

みんな、そういう人間のひとりです。

 

 

ところで、タロさん(仮名)のご質問の中にあった「99%が幸せになった」という「幸せ」というのも、考えていくとオモシロイのですが、それはまたの機会に。