ズバリ言わないタロット占い

あなたの未来をズバリと言うのはあなたです。タロットカードじゃありませ~ん

「他人の目が気になる」ことは悩まなくてよし!生きのびるための素晴らしい能力だ

f:id:mappi88:20180605172145j:image

「他人の目が気になる」のは、必要なこと

 

【とある仮説】

我々の祖先は、かつて食糧が豊富なジャングルに暮らしておりました。

しかし!!ジャングルが気候変動のため縮小。

祖先のみなさまは、違う生息環境を開拓する必要に迫られます。

やむなくサバンナに生活拠点を移したものの、食糧調達はジャングルのように簡単ではありません。

そこでは、みんなで生き延びるための「社会」が生まれました。

 

同じ空間で他者と上手に生きるために、ヒトは他者の心の中を想像する能力が発達したのです。 

 

この仮説をもとに考えると、「あの人はどう思っているのだろう」「この人はこんなことを考えているのではないかしら」とあれこれ考えることは、ヒトが生き延びるために獲得した素晴らしい能力、ということになります。

 

じゃあ、「人目を気にすること」は、サバイブする能力が高い!と言える。

人の目を気にすることは、すごい能力!

 

「他人の目が気になる」を言い替えてみる

と思ったところで、ついでに「人の目を気にする」という表現を「他者の心を推し量る」という表現にしてみましょう。

 

「人の目を気にする」という表現には、

「だから、自分の行動が他人の目を気にしたものになってしまい、自分が本当に望む行動をとれない」というニュアンスが漂います。

 

字面だけを見ると、「気にしているという状態の描写」にすぎないのに。

人間の想像力とはすごいものです。

 

でも、「他者の心を推し量る」ならどうでしょう。

推し量ることでひとまず完結。

推し量った結果、自分がどういう行動を取るか、はまた次のハナシ。

「推し量った」ので、こうした。

「推し量った」けど、ああした。

どちらにもつながり方は自由自在。

 

「私は、他人の目を気にしている」を、今日から

「私は、他人の心を推し量っている」に言い替えてみては?

 

じゃあ、推し量った結果こうしよう!!

と「次の行動」にうつる前に一呼吸おけるようになります。

 

ちなみに、今の世の中。

他者の心を推し量っても推し量らなくても、

食糧調達には関係ありません。

安心して、推し量りすぎないように楽しみましょう。

 

 

先ほど例示した仮説は、長谷川眞理子・山岸俊男著 『きずなと思いやりが日本をダメにする』より。

 

進化生物学者である長谷川氏と、社会心理学者である山岸氏の対談です。

 

「生存に役立つものしか残らない」という視点から見れば、普段の自分のふるまいや、社会の仕組みがまた違ったものに見えてきます。

 

違うものに見えることで感じるのは、「なるほど、だからこれもアリだね」。

 

「これもアリだね」を増やしていくと、少しずつ自分の中から

「そうであらねばならない」

が減っていく。

 

知らない間に自分に課した、「実はなくてもいいルール」が減ると、

自由になれます。