ズバリ言わないタロット占い

あなたの未来をズバリと言うのはあなたです。タロットカードじゃありませ~ん

楽しいのに「楽しそうじゃないね」と言われても大丈夫。自分なりの表現にOKを

f:id:mappi88:20180530230620j:plain

あまりにノリが悪くて「楽しんでる?」と心配された

私、どうも「リズム感がない」ようなのです。

また、どちらかというと物静かなタイプ。

 

昔、ジャズのライブで、

自分では「ノリノリだぜ、イェーイ」と

最高にご機嫌な気分で体を揺らし、

「この会場で最もスウィングしている人」のつもりでいるのに、

「・・・ねぇ、ノれてる?楽しめてる?」と同行者に心配されたことがありました。

 

多分私の「ノリ」の表現がとても控えめ、

かつなんだかテンポがずれていたのでしょうねw。

 

その事件以来、

「ノリのよい人に見えていないこと」は、

当時の私にとって大きな問題となりました。

ライブに行っても、

「私は、ノリのよい人に見えているかどうか」

気になって音楽を楽しむどころではなくなってしまったほど。

 

こうなると、一体、なんのためにライブに行っているのかがわからなくなります。

そのうち、ライブに行くことが苦痛になってしまい、

ぱったり行かなくなりました。

 

スウィングしなけりゃ意味がない・・・わけではない

そもそも、ライブに行くのはなぜでしょう?

音楽が好きだから、出演者が好きだから、雰囲気が好きだから。

 

好きの対象は様々。

でも、すべてに共通するのは「自分が楽しむため」。

他人を楽しませるために行くのではありません。

 

その場を自分が楽しめていれば、人がノッていようがいまいが、一切関係ないこと。

と考えると、「人にわかりやすいノリ方」を意識する必要なんて、全くなかったのです。

 

今でこそ、「私が楽しめているんだから、どんなノリ方でもOK」と断言できます。「楽しさ」の表現は、千差万別。

 

薄暗い書斎で、こめかみに指をあてて眉間にしわを寄せながら、

交響曲のLPを鑑賞しているクラシックファンは、

明るい声で「楽し~い!!」「イェーイ!」と言わなくても、

十分に「楽しんで」いるのです。

 

ノリの表現は人それぞれ

楽しさの表現の仕方が様々なのは、ライブに限らず普段の生活でも同じこと。

 

自分なりの楽しさの表現でOK。

声のトーンや表情にルールがあるわけではありません。あったらコワいです。

 

自分の内側でノレていれば、無理やり楽しさを演出しなくても、

じわっと楽しさがにじみ出てくるもの。

空気感、というのでしょうかね。

 

そうは言っても・・・

なんだかノリが悪くてつまらない人だなぁ、

と周りの人に思われることが心配??

 

大丈夫。

 

同じくらいの確率で、あなたのことを

物静かで落ち着いたステキな人だな、

と思っている人がいますから☆