じぶん創造タロット

じぶんにとって日々をよいものにするためのHOW

「似合う色」以上の提案

f:id:mappi88:20180507211311p:plain

 

友人が、パーソナルカラー講座で勉強中です。

講座のプログラムに実習の時間があるので、そのモニターをさせてもらいました。

カラー診断をする人(友人)と、カラー診断を受ける人(私)。実習ですが、本番そのもの。

沢山の色を顔周りにあてて、似合う色のタイプを見てもらいました。

 

結果をふまえて、今後の服選びのアドバイスも。

色はもちろん、素材、デザインやシルエット、小物までこまかく提案をもらいました。参考になります~!

 

様子をみていらっしゃった先生が、実習を総括してとても印象的なコメントをされていました。

 

 

タイプ別に、似合うカラーやデザインの教科書的な「正解」はあります。

でも、「単なる似合うもの」以上を提案するためには、その「正解」を超える必要があります。

その人が、どういう自分になりたいか。

自分をどのように見せていきたいか。

それを、ヒヤリングや診断のやりとりですくいとること。

すると、表現したい姿が教科書的な「正解」と一致しないこともあります。

だからと言って、「それはNG」というのは違う。

似合うカラーやデザインありきではなくて、第一に考えるのは表現したい姿。

それを、できるだけ似合うカラーやデザインを使ってどう見せていくか。

それが「単なる似合うもの」以上を提案できる、っていうことですよ~。

 

 

わぁ。ステキな先生。

「似合うもの」に自分を合わせるのではなくて、こうありたい自分を表すツールとしてカラーを味方につける。ということですよね。

「なりたい自分になるために、タロットを味方につける」に通じる感じがします。