じぶん創造タロット

じぶんにとって日々をよいものにするためのHOW

『引きこもりがスカウトされて占い師になったら人生が一変した話』

f:id:mappi88:20180420094321j:plain

「マンガ家兼たまに占い師」の卯野たまごさんのブログ(うのたま日誌)のファンの私。

このたび、コミックエッセイの新刊を出版されたので読みました。

 

卯野さんは19歳の時、突然ベテラン占い師にスカウトされて、手相占いを路上でスタート。

12年間の修行中、2000人の人を見るうちに、思い出した「自分のほんとうの夢」。

その夢に向き合い、くじけたり立ち上がったりを繰り返しながら、「やりたいこと」を実現させていく。その様子をコミックエッセイにした作品です。

 

ちりばめられた手相のコラム。

これも、手相知識ゼロな私には興味深いものでした。

「掌に偶然刻まれたシワ」ではなくて、「私に何かを伝えようとしてくれている意味のあるシワ」だと思うと、そのシワに対するまなざしが変わりますね。

読み終わってから私も「ぢっと手を見る」時間が続いています。

 

生きていれば、だれもが出くわす「ん~・・・」という時。

 

そんな時に、いかに自分を信じられるか、自分に寄り添えるか、自分を思い出せるか。

 

卯野さんの師匠であるベテラン占い師「おじい」が、やさしく語りかけることばが、大きな味方となってくれます。

 

 

出会いが運命を大きく変えるんじゃ

人生は出会いを楽しむもんじゃからの~

 

ー卯野たまご著『引きこもりがスカウトされて占い師になったら人生が一変した話』より引用

 

 

自分がピンチに陥ったからこそ、助けを求めた先で出会った人や事柄。

それは、順風満帆に歩んでいては出会えなかったはず。

 

一見ピンチに見えることは、ステキな出会いをもたらすために仕組まれた演出。

そんなふうに思えます。