ズバリ言わないタロット占い

あなたの未来をズバリと言うのはあなたです。タロットカードじゃありませ~ん

「ただしい」→「たのしい」 1文字変えたらどうなるか

f:id:mappi88:20180302130020j:image

今日が久々の休日だと仮定します。


とても気持ちのいい天気。ぽかぽかと暖かい日です。
特に予定もない自由な1日。


どのように過ごそうか考えた時に、基準にするのは「ただしいこと」?それとも「たのしいこと」?

 

せっかくのまとまった時間、溜まっている仕事とか、家事をやろうと考えるかもしれません。
いい天気だから、外に出て太陽の光を浴びたり、近所を散歩してみたいと思うかもしれません。

 

私たちは何をするかを選ぶ時、2種類のスイッチのどちらかをオンにしています。


「ただしい」のスイッチをオンにして選ぶこと。
「たのしい」のスイッチをオンにして選ぶこと。

 

この1文字の違いは、意外に大きい。

 

「ただしく」過ごそうとすると、常にこれでいいのか、間違っていないか、とどうしても自分で自分をジャッジしてしまいます。

そうすると、その行動自体を味わうことが難しいかもしれません。
休日1日くらいならいいですが、いつもいつも「ただしく」過ごそうとするのは苦しそう。

 

「たのしく」過ごそうとすると、どうでしょう。
ただ、その行動が、その場が楽しい。それだけです。


ディズニーランドでキャッキャしながら、「いま自分は楽しんでいるだろうか」と考える人はあまりいない。・・・ひとりくらいいるかもしれませんが。
で、ディズニーランドに行ったことで自分はどんな効果を得たか、なんてこともあんまり考えないと思います。

「あぁー楽しかった!」それ以上何か必要?みたいな。


こっちをデフォルトにしておいたら、気分が軽くなれそうです。

 

大きな目標をたてるときも同じこと。

 

例えば、本当にやりたいことってなんだろうと考えたときに、「ただしい」「たのしい」どちらのスイッチを入れるのか。

 

「たのしい」スイッチを入れてみると、思いがけないひらめきをくれるかもしれません。

 

f:id:mappi88:20180302130118j:image