ズバリ言わないタロット占い

あなたの未来をズバリと言うのはあなたです。タロットカードじゃありませ~ん

女子力アップ!まずはピンクの小物から

f:id:mappi88:20180226220323j:image

 

出かけた先で会った友人たち、私を見るなり「ちょっとー!!なにか色を入れようよ~」の大合唱。

 

が、そう指摘されるまで自分が「黒いワンピース、その下に黒のタートルネック、黒いスパッツ、黒いブーツ、黒いネックレス」であることをちゃんと自覚していなかったという・・・。出かける時に鏡見てるはずなんですけどね??

 

その日は、無意識の中で「姿をくらましたい」みたいな忍者モードになっていたのかもしれません。

 

「ほらー、ちょっとそのネックレスをピンクに変えるとか」

「明るい色味のリップつけてみたら」

「タートルをオフホワイトに変えるだけで印象違うし」

と貴重なアドバイスが雨のように降ってきた。

自分では気づけないことを教えてくれてありがたい。やはり「他人は鏡」です。

 

そう言われてみればそうだ。

もうすぐ春だし、たしかピンク色の綿のニットがあったはずだと探してみたら、2ミリくらいの破れ発見。

ウールの虫食いなら理解できますが、綿なのに破れる理由がよくわからないです(笑)。

 

ピンクと言えば、かつて私は友人から貴重なアドバイスをもらいました。

「出会いがない~」と愚痴る若かりし私を、「そんな色づかいをしている女子に出会いがあるはずがない!女子の色は、ピンクよ、ピンク!!」と一喝してくれたのです。

 

当時の私は、財布や定期入れなどの小物も黒とか紺を選び、洋服は言うに及ばず無彩色メイン。

せいぜい寒色系が加わるかどうか、という筋金入りの「THE無彩色女子」でした。

 

そんな私に、洋服が無理なら小物だけでもピンクにしろとのたまう友人。

ピンクに変えることで一体何の効果があるのよと訝りながらも、定期入れや名刺入れなどを少しずつ変えることを積み重ねて1~2年たったころ、出会いがありました。

実体験から、確かにピンク効果はあるな、と思ったのです。

 

いきなりピンクのワンピースは無理でも、小物からじわじわ攻めていくのはおすすめです。

カバンの中の小物だけなら、忍者モードになりたいときも問題ありません。