ズバリ言わないタロット占い

あなたの未来をズバリと言うのはあなたです。タロットカードじゃありませ~ん

カラダをほぐしてココロもほぐす

f:id:mappi88:20180209205043j:plain

 

立春も過ぎ、カラダは「春」をキャッチしているのかもしれません。

まだまだ寒いのですが、何となく「カラダを伸ばしたい!」という衝動に駆られ、こんな本を買いました。

 

崎田ミナ著『自律神経どこでもリセット!ずぼらヨガ』。

「このポーズをとることで、この部分が刺激される」

「だからこんな効果がある」

ということがひとつひとつ図解で説明されています。

それがとってもわかりやすいので、「あ~このポーズやりたい!」と自然に思えてしまうのがスゴイ。

 

しかもタイトルに「ずぼら」の輝かしい3文字が入っているだけあって(これが購入の決め手!)、気づいたときにどこでもできるポーズばかり。

広いスペース確保して・・・

ヨガマットはないからせめてバスタオルくらい敷いて・・・

という「わざわざ感」はゼロ。

こういうハードルの低さ、好き。

 

というわけで、思いついたときに、伸ばしたいところを伸ばせるポーズを適当にやっています。

特に、背面をストレッチしていると、「ここを伸ばすのは何年ぶりだろう??」という気がするほど、普段の放置ぶりが身にしみる。

 

普段の生活では、本当に限られたところしか使っていないのですね。

「いつも同じ方向に圧迫されてばかり、もっと緩みてぇ!」という筋肉様たちの声が聞こえる・・・。

 

著者の崎田さんが、この本の「おわりに」で書かれた文章を引用します。

”お世話になっていた心療内科の先生の言葉が印象的で、

「心なんて命の一部だから。心や頭があてにならなくなったら、体を動かしたりするのはすごくいいよね」

と教えてくれました。”

 

モヤッとしたり、ザワッとしたり。

そんな時、心を何とかしようとする以外に、体を動かすことも選択できる。

選択肢が多いって、素敵です。