ズバリ言わないタロット占い

あなたの未来をズバリと言うのはあなたです。タロットカードじゃありませ~ん

登りきらなくてもOK

f:id:mappi88:20180102231622j:plain

山の上にある神社を目指して石段を登りはじめた。

 

あれ?

1000段くらい大したことないと思ってたけど、なんか今日は疲れるなぁと思いながらも、休み休み進む。

 

頂上の少し手前で、ちょっと柵にもたれて休んでいた。

心臓がばくばく。

う、目の前が暗くなっていく。

こんなに晴れているのに・・・

と思ったところで記憶が無くなる。

 

「大丈夫ですか?」

という声で目が覚めた。

私は、柵から落ちて地面に転がっていた。

貧血だったみたい。

 

見知らぬご夫婦が、心配して声をかけてくださったのだった。

 

「ありがとうございます、大丈夫です」

とお礼を言って、回復するまで座っていた。

 

頂上まであと少し、せっかくだからTRYしようかとも思ったが、ここは無理せず、ここまで来られたことをよしとすることにした。

 

以前の私なら、間違いなく無理して頑張っちゃっていただろう。

登り切った、という結果を得られなければ意味がない!と思い込んでいたから。

カラダの状態や、今、どうしたいと思っているか、ということを確認することもなく、選択肢をひとつに決めつけていたから。

 

おぉ、今日はよくやったな、自分。