じぶん創造タロット

じぶんにとって日々をよいものにするためのHOW

ぬか漬け食べ過ぎたらこうなった

f:id:mappi88:20171218111450j:plain

 

先日、「心も体もため込まない!」という記事を書いたのは、強力な便秘に見舞われたことがきっかけでした。

 

www.queserasera358.com

 

発酵食品で腸内環境を変えようという試み

そんなこともあって発酵食品を積極的に摂るよう心掛けることにし、少し前からぬか漬けを食べるようにしております。

  

ぬか漬けで腸内環境を整えようという目論見は、なかなかの効果が現れました。効果が現れると続ける意欲がわきます。

ぬけ漬け自体の味も気に入って、私は、毎食少しずつ食べていました。

 

ある日、少々つかりすぎた感じの野菜があったので、全部ぬか床から出しました。

エリンギ2本。

縦四つ割にした大根およそ10センチが1つ。

これ以上漬けておくのもどうだろう?一気に食べてしまおうか、と自問自答。

 

これまで一回に食べていた量から考えると、かなり多いです。

しかし私は、「結構効果が出ているから、たくさん食べたらより効果的かも!」と思い、結局ご飯とともにパクパク食べてしまいました。

 

明らかに一度に食べた量が多かった

するとその夜。

布団に入ってさあ寝ようと思ったところで激しい腹痛。

慌ててトイレに駆け込みしばらくこもっておりました。

どれだけ出るのだろうというような成果を後にして、再度布団へ戻りました。

 

すると3時間後、また激しい腹痛に見舞われます。

再び、これ以上出るものはないと思われるぐらいの成果を後にして布団へ戻りました。

 

何かお腹に悪いものでも食べたかな?

それともさっきうたた寝をしていた時に冷えたのかな?

と考えていると、ハッと思い当たることがありました。

 

そうです、ぬか漬けです。

間違いなく食べすぎです。

 

ぬか漬け生活を始めて日が浅い私の腸は、いきなり大量に押し寄せた乳酸菌にびっくりしてしまったに違いありません。

また、ただでさえ塩分の高い漬物。

取りすぎが体に良くないのは明らかです。

「こんなにいらんわー!」と一生懸命体から排出してくれたのです。

もう、腸のみなさんには、平謝りです。

 

なんでも過ぎたるは及ばざるが如し。

次回からはご飯に少し添える程度の量で楽しみたいと思います。

 

習慣や思考も同じ。一気に変えよう!と思わない

今回は腸内環境の話でしたが、たとえば思考の癖、習慣も同じこと。

「これ、変えよう!」「これ、やめよう!」とスイッチが入ると、一度にガラッと変えてしまいたいと思いがち。

 

ですが、それキケンです!

はじめから飛ばしすぎると、ぬか漬けみたいに、拒否反応を起こしてしまうかも。

 

少しずつ少しずつ、できるところからやる。

 目指す方向にゆっくり進んでいくんだなと思えば、焦らない。

「あ、できてるな」と見逃さずに気づくと、ちょっとずつ自信となって積み重なっていきますよ。

 

ちなみに、ぬか漬けの名誉のために申し上げると、食べ過ぎなければ私にとってはよい食品です。

 

今は、野菜を取り出すときについでにぬか床を混ぜる程度のゆるい管理。

予想よりも手間がかかりません。

ぬか漬けに使っているのは、野田琺瑯の「ぬか漬け美人」。

冷蔵庫で保管できるのがありがたい。

2、3日に1度を目安に混ぜているので、「今日は混ぜるの忘れた、やばい」というプレッシャーから解放されます。

 

 

 

ぬかはこちら。水を混ぜるだけです。

慣れてきたら、好みの味に調整するため昆布や唐がらなど加えてもいいかも。