ズバリ言わないタロット占い

あなたの未来をズバリと言うのはあなたです。タロットカードじゃありませ~ん

未来なんてなにひとつ確定してないわ~

 

 

f:id:mappi88:20171211120309j:plain

 

 

高校時代の友人と久々に会いました。

みんな同じ制服を着て、同じ場所に通っていたあの頃と違って、今おかれている状況はてんでばらばら。

でも、唯一共通していたのは「高校生の時、30年後の自分がこんなことになるなんて想像すらできなかった」という意見。

 

転職に転職を重ねた末に、思ってもみない分野で大活躍している人。

20年近く連れ添ったパートナーと離婚した人。

思わぬ大病を患った人。

超高齢出産でこれから怒涛の子育て突入の人。

 

肌もピチピチのJKだったころ、30年後の姿をどのように想像していたか、自分自身も昔すぎて記憶にないのですが、いまの姿を想像はしていなかったことだけは断言できる(笑)。

 

「未来なんて、何一つ確定してないんだね」と言いながら、別れました。

そうなんです。

 

今、この時点で100パーセント確定している未来なんて何もない。

 

私は、タロットカードで未来をリーディングすることはありますが、それはあくまで「何もせずにいたら起こるかもしれない未来の傾向」みたいなもの。

 

それさえ、「私は、それを選ばない!」ということだったら、選ばなくてもいいんじゃないかと思う。だって、何も決まっていないのですから。

カードは「こうなる」という未来を決めるものではありません。

あるのは、相談者さんの中にある「こうしたい」だけなんだと思います。

 

こう考えると、「ズバリ言うわよ!あなたの未来はホニャララ~!!」というセリフは、占い師が相談者さんに言うのではなく、相談者さんが自分に言うセリフかもねと思いました。

占い師というのは、カードを介して相談者さんが「ホニャララ」を探す伴走者。

それが、私の「占い師」像です。