じぶん創造タロット

じぶんにとって日々をよいものにするためのHOW

クルマの傷を発見して最初にやったこと

 

f:id:mappi88:20171206212037j:plain

 

スーパーで買い物して愛車に近寄ったら、

ぐわーん!!!!なに、このスリキズ!!??

 

知らない間に、どこかでこすった?

知らない間に、誰かがこすった?

 

と、まずは原因探しを始めようとしたのですが、それがわかったところで傷がついたことは変わらないことに気づき、気持ちを切り替え、切り替え。

 

そうだ、アタマに思い浮かぶこと、片っ端から観察しよう!

と決めました。

 

この程度で済んでよかった?

レジでかなーり待たされた後でグッタリしてたこともあり、今日ってツイテナイこと連発!?

直せばいいだけでしょ?

修理代はいくらだろ(°▽°)

大変な怪我したわけじゃないし(あー、でも愛車くんは痛かっただろうなぁ)

こ、これは何のサイン?

当たったってことは、宝くじでも買えってことか?

 

とまぁ、色々出てきました。

 

 

すると、意外にこのスリキズ問題について、

「ラッキー」とも「アンラッキー」とも判断せず冷静でいられる自分がいました。

 

ありのまま見つめる、ってこういうことなのでしょうね。

体感できた気がします。

 

そんな自分をほめちゃうことにしよう。

こういう時は、淡々と、できることをするのみ。

まずは修理じゃー。

 

ということで、明日、大好きな鈑金屋さんに行くことにしました。

サービス業としてめっちゃ学ぶところの多い社長さんで、彼の振る舞いや言葉がけに触れるだけですごく得るものがあるのです。

 

クルマに詳しくない私にとって、クルマの修理で何が面倒って「どこへ頼むのがベストなのか悩むこと」なのです。金額とか技術とか対応とか全部ひっくるめて、何がいいのかよくわからない。

でも、以前ガッツリ扉をへこませた時、数社の見積や対応を比較して、ここだねとピンときました。以来、何かあってもまたここに駈け込めばいいやと、ちょっと余裕。

 

どんな分野でも、困ったらとりあえずココ、ってのがあると気持ちがずいぶん楽になるもんですねー。そいういうところがあって、素直にありがたいと思います。