じぶん創造タロット

じぶんにとって日々をよいものにするためのHOW

手帳に「未来宣言」を書いたらこうなった

 

f:id:mappi88:20171121173315j:plain

 

 

私は、手帳に「未来宣言」というコーナーを作っています。

寝る前に、手帳の翌日のページを開き、そのコーナーに「こんなことあったらいいな 、ぐふふ」ということを書くのです。

 

先日。

いつものように、明日の「未来宣言」は何にしようかなと考えていました。

 

そうだ、「車を車検に出しておくように」と夫から頼まれてたなー。

んじゃ、「ディーラーでVIP待遇を受ける」って書いてみよっと。

お茶を出してもらう時に、お菓子がついてきたりしてね。ふふふ

 

そして翌日。

ディーラーに行くと、お茶を出していただきました(お菓子はない)。

そして、担当の方に「代車はご不要でよかったですね?」と聞かれました。

「ん?すぐ終わるんですよね、待ってますから、いらないですよ(車検に対してものすごい無知な私)」と答えました。

「え?すぐ?いや・・・えーっと、定休日を挟んじゃうので出来上がりは、しあさってになります」

・・・・さすがに、そんなに長い間ここでは待てない。

「う。そ、そうですか。私が夫の話をよく聞いてなかったんだと思います。頼んでないなら仕方がない、代車は結構です」

 

私は、

「代車がいるね とあなたは言わなかったから 11月6日は代車記念日」

と心の中で短歌を詠んでその場を立ち去ろうとしました。

 

すると、ディーラーの担当者さんは「用意します!ちょっとガソリン入れてくるんで待っててください!」とおっしゃいました。

「あ、でも歩いて帰ればいいんで(と言っても数キロありますけどね。しかも雨ふってます)」と言うと、「大丈夫です。ご用意します!」という力強いおことば。

 

さらにさらに。

「こちらをお使いください」と案内された車は、ピカピカの新車(試乗でちょっと乗ってるくらい)!

クルマおんちの私でも、「かっこいい~」と思わず言ってしまうような新車!

 うわ。私の中では最高のVIP待遇キター! 

未来宣言のとおりになった!ありがたやー!

 

・・・ってなことがあったんですよ。

 

 

どなたかのご参考になれば幸いです。

ご利用は無計画的に。

読んでいただいて、ありがとうございます。