ズバリ言わないタロット占い

あなたの未来をズバリと言うのはあなたです。タロットカードじゃありませ~ん

すべての家事に共通する唯一のルール

せんたく、そうじ、ごはんつくり。

生活していると、いろいろなタスクがあります。

 

f:id:mappi88:20171119114535j:plain

 

 

例えば、靴下の干し方ひとつとっても、人それぞれ。

洗濯ばさみで止める場所は靴下のゴムのところか、つま先か。

一足分をペアにして干すか、一枚ずつ干すか。

 

要は乾けばいいのですが、意外に「オレ流」にこだわっちゃうんですよね。

靴下の干し方に限らず家事のやり方って本当に千差万別。

 

 

靴下は「ペアにしてゴム部分を洗濯ばさみで止めて干す」しかないと思って干している

⇒友達と旅行へ行き、つま先を止めて干しているのを見て衝撃を受ける

⇒でも、やっぱり慣れ親しんだ干し方最高!つま先止めるなんてありえなーい

 

みたいな感じで、なかなか「違うやり方」って意外に思いつかない、かつ踏み出せない

明らかに楽ちんそうな干し方を見聞きしても、「へー、そんなやり方あるんだ」で終わってしまうような気がするのです。

 

そこで私は思いました。

 すべての家事は、このルールに沿っているかどうかで決めればよいのではないか。

 

それは、

とにかく自分がラクをする

です。

 

洗濯機のおかげで、たらいを担いで近所の井戸まで行かなくてもよくなりました。

掃除機のおかげで、中腰でホウキをもって部屋中をくるくる回らなくてもよくなりました。

 

機械の皆さんが、私たちをどんどん楽にしてくれている。

それならば、使う私たちもその期待に応えたい。自分をラクにするのは、機械プラスそれを十分に使いこなす自分。

 

なので、例えば「靴下と布巾は別に洗う」はやめました。

一緒に洗った方が自分は楽だから。

最終的にはきれいになるから同じ、と思えるようになりました。

 

 

これをやっていくうえで、もうひとつキモだと思ったのは、 

それを良きものとして受け入れる

ことです。

 

つまり、「ホントは、靴下や下着グループと、布巾やタオル類は別々に洗いたいの。なのに、自分がラクをしたいからと言って、いっしょに洗ってしまうなんて、私ったら・・・」と思わない。

「自分がラクをする」という唯一の目的を達成できる最高のソリューションとして、手放しで受け入れるのです。

・・・もちろん、どうしても靴下と布巾を別に洗いたいのであれば、その気持ちに従うことが大事だと思います!

人によっては、ラクよりも大切にしたいことがあるわけですからね。

 

ただ、家事をするうえでなんとなーく「ラクのし過ぎはよくない」なんていう縛りが、チョコチョコありそうだな、とふと思ったので書いてみました。

 

どんどんラクにしちゃいましょう。

やらなくていいことはやめちゃおう!!

それも、自分をいたわることです。

 

どなたかのご参考になれば幸いです。
ご利用は無計画的に。