ズバリ言わないタロット占い

あなたの未来をズバリと言うのはあなたです。タロットカードじゃありませ~ん

「出会いがない」のではなくて、「出会いたくなかった私」

f:id:mappi88:20171017101122j:plain

 

momoタロットです。

 

タロットでいただくご相談のNo.1は、やはり恋愛関係。

恋愛関係といっても色々なテーマがありますが、

リーディングをしていると、

「あぁ・・・私も、自分にこんなシバリをかけていたわ(・・・今もかけてるかも)」

と思うことがあります。

 

ひょっとしたら、私の経験がどなたかのお役に立つのかな?

そんな気持ちで、つらつらと。

 

 

 

シバリその1★彼氏がいなけりゃ人でない
 
その昔、私は彼氏がいなくて悩んでおりました。
 
周りはどんどん結婚していく。子どもまで授かる。
 
私だって、キャッキャと楽しい週末を過ごしたい!
誕生日とか、クリスマスとか、二人で楽しいイベント過ごしたい!
・・・と思っているのに、実際にしていた行動は真逆でした。
 
 
友人「最近どう~?」
モモタロ「あー、結構仕事忙しくて」
友人「彼氏は?」
モモタロ「ま、今はあんまり余裕ないからね・・・出会いもないし」
友人「合コンでも行く!?」
モモタロ「そーだね、ちょっと仕事に余裕ができたらね」
→結局、行動には移さないモモタロ
 
 
上司「誰かいい人紹介してあげようか」
モモタロ「(若干キレ気味に)大丈夫です、間に合ってますから!!(←大嘘)」
→うそつきのモモタロ
 
喉から手が出るほど「彼氏がほしい」のに、
人さまからの提案を、ことごとく断っているこの矛盾。
  
そもそも私は、「私たるもの、彼氏がいないといけない」という猛烈な縛りを自分にかけてました。
みんなが持っているものを、自分が持っていないなんて、何事か、と。
みんなが持っているものは、自分も持っていて当然、だったのです。
 
 
それは、なぜでしょう。
 
  
人と同じものを持っていないと不安だった。
 
自分に自信がなさ過ぎて、人が持っているものを自分も所有しておけばひとまず安心、という思考があったわけです。
 
 
シバリその2★「自然な出会い」以外は出会いじゃない
 
また、どういうわけだか
「そういうのは自分で何とかするもんだ」
「紹介じゃなくて、自然な出会いバンザイ」
という余計な縛りまでかけていたものですから、もう窒息寸前。
今思えば、上司はなんと温かい言葉をかけてくれたのだろう・・・と思うのですが、頭ごなしに拒否。
 
じゃ、その縛りをクリアするために熱心に「自然な」出会いを求めたのかと言えば、全くそうではない。
 
 
それはなぜでしょう。
 
ほんとうに彼氏ができてしまったら、私は、その彼氏を失望させ続けるに違いない、と恐れていたのです。はい、自分に自信がなさ過ぎて。
 
「え?こんなことも知らないの?」
「これもできないの?」
「その服、あんまり似合ってないね」
「・・・君って、思ってたのと、全然違う人だね」
そしてGood-by。泣き崩れる自分www
 
 
「自然な出会い」にこだわっていたのは、
 
安易に紹介されてほんとに彼氏ができてしまったら困る!!!
「なんだ~この子ってこんな程度か~」ってことが、バレてはいけない!
 
と思い込む私のココロがそうさせていたのだと思います。
 
もし私が神様だったら、
 
・・・で、あなた、結局どうしたいんですか???
 
彼氏ほしいの?
彼氏いらないの?
 
って、
誰でも聞き返したくなるな、これ。
 
  
自己評価が低い。それが最大の理由だった、と今ならわかる
 
今から思えば、我ながらものすごいシナリオです。
 
そして、ものすごいギュウギュウなこのふたつのシバリ。
これが生まれた背景は、今ならわかります。
 
それだけ、自己評価が低かったんですね。
「こんな自分」という目でしか、自分を見てあげられなかった。
 
 
 
私は完璧でなきゃ!と思っていたのですね。
・・・一体、誰になりたかったんだろう???
 
 
 
「出会いがない」と感じたら
 
と、いうわけで、「出会いがない」と感じることがあったら、
もしや「出会いたくない」という気持ちの裏返し?
という視点で自分を見つめてみると、新しい発見がある・・・・かも?しれません。
 
 なにかのご参考になれば幸いです。