じぶん創造タロット

じぶんにとって日々をよいものにするためのHOW

常識の中に含まれる「不幸のタネ」

 土屋賢二「幸・不幸の分かれ道 考え違いとユーモア」(東京書籍)より

 本当は不幸でも何でもないのに、考え違いをしているために不幸になったりしたら、悔しい気持ちになるのではないでしょうか。そうでなくても不幸のタネは多いのですから。残念なことに常識の中には、人を不幸にするような考えがかなり含まれています。そういう考え方は、冷静に吟味すると間違っていることがわかるのですが、ちょっと油断するとそういう考え方の餌食になってしまうんです。

 

油断せずに常に神経をとがらせているのも大変だけれど、何かで悩んで堂々巡りになったとき、

 

その悩みのタネは、正しい?

ほんとうに悩まねばいけないこと?

 

と疑ってみることを覚えておいて、損はなさそうです。